月の満ち欠けに合わせた美容術【スキンケア&ダイエット】




月は毎日満ち欠けをくり返しています。月の満ち欠けは、普段の暮らしのいろいろな場面で利用することができます。

先日、月の満ち欠けに合わせたスケジュール術【お仕事編】をご紹介しました。

月の満ち欠けにあわせたスケジュール術をご紹介!【お仕事編】

2018.09.16

今回は、女性ならみんな気になる美容編をお届けします!

月の満ち欠けが及ぼす身体への作用

潮の満ちひきは、月と太陽の引力で起こります。新月と満月の日は、干潮と満潮の差がもっとも大きくなるとき。

地球上に住んでいる私たちも、この引力の影響を受けています。「私たちの身体の60%は水でできている」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

牡蠣は満月に開き、サンゴは満月に産卵する。月の満ち欠けと海の生きもののふしぎな関係とは!?

2017.12.11

アーユルヴェーダでは、月が満ちていく時期は蓄える力が優勢に働き、満月を迎えた段階で動的エネルギーが加わり、満月から新月までの月が欠けていく時期は減らす力が働くと考えます。

ウミガメの産卵やほ乳類の出産が満月の日に多いことも、全てこういった自然のリズムにリンクしていると言っていいでしょう。

私たちの身体も、新月から満月までは栄養を蓄える力が強くなり、満月から新月まではデトックスする力が強くなります。

月の満ち欠けを美容に取り入れることで、効果的なセルフケアを行うことができますよ。

月が満ちていく、新月〜満月の時期のセルフケア

月が満ちていくときは、お肌も身体も吸収力が高まります。この時期に有効なセルフケアは「栄養を摂取する」「潤す」ケアがおすすめです。

この時期に、肌に栄養を与えるエステを受けたり、フェイスパックや髪へのトリートメントを行うと効果的です。

肌質が乾燥気味の人は、オイルをたっぷりと塗ったり、食事に質の良いオイルを取り入れることをおすすめします。

吸収力が高まっているので、身体を鍛えている人は必要な栄養素を積極的の摂取するような食事内容に。痩せたい人は、この時期に食べ過ぎないように気をつけてくださいね。

特に、満月の日は、気分が高揚しがちになり吸収力もマックスになります。飲み過ぎ食べ過ぎには要注意ですよ。

月が欠けていく、満月〜新月の時期のセルフケア

満月を迎えた直後から、月は欠けていくフェーズに入ります。

満月が手放しをする時だと言われるのは、満月直後から放出するエネルギーが高まるためです。

よって、セルフケアも「デトックス」や「発散」に重きをおきましょう。

この時期におすすめのセルフケアは、毛穴ケア、角質ケア、眉毛ケア、脱毛、半身浴で発汗を促すのもいいですね。

また、この時期はダイエットを始めるのにも適しています。デトックス効果が高まりますので、デトックスに適した食材を選んだり、間食をやめるといいでしょう。

ダイエットは、以下の過去記事も参考にしてくださいね。

【月が欠けていく時期に】無理なく痩せる!酵素シロップを使ったダイエット

2018.07.07

【月が満ちていく時期に】デトックスにも使える!手作り酵素シロップの作り方

2018.05.21

 

スポンサーリンク

覚えておくと役立つ。12サイン別の身体のパーツ

LINE@では、月がサインを移動したときにお知らせを配信しています。

12サインには、それぞれサインが司る身体のパーツがあり、配信の中でも身体のケアをご紹介することがあります。

それぞれのサインが支配しているパーツを覚えて、これに先に紹介した月の満ち欠けの特徴を合わせてセルフケアをすると、もっと効果的ですよ。

サインが司るパーツやケアについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

月星座に対応する体のパーツ徹底解説!今日はどこをケアすべき?

2018.02.12

【月星座とダイエット】月のサイクルを効果的に取りいれてボディラインを整えましょう

2017.12.30

 

いかがでしたか?

気温も下がり、食欲の秋がやってきます。気候も乾燥気味になり、お肌のトラブルも出て来やすくなりますよね。

ぜひ月の満ち欠けと共に、自然のリズムに沿ったセルフケアを日常に取り入れてみてくださいね!

こちらの記事もおすすめです