来週の月もよう。9/30〜10/6【蟹座下弦の月にプライベートを見直して】

月もよう 占い




来週1週間の月の動きや配置が地球上に住む私たちにどのような影響を与えるのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

9/30〜10/6、来週の月は私たちにどんな影響を与える?どう過ごす??

9/29〜10/2まで、月は双子座の位置に滞在。

天秤座の水星と120度トラインの角度で調和します。

双子座に月がある時期は、まるで子どものような好奇心が湧き上がってくるタイミング。

華やかな社交性とコミュニケーションをつかさどる天秤座の水星との調和により、積極的に他者との交流の場に出ていくことで、新たな発見や縁につながっていきそうですよ。

風が爽やかな過ごしやすい季節になってきましたから、秋空の元、ピクニックやバーベキューなどを企画してもいいですね。

10/2〜10/4まで、月は蟹座の位置に滞在。

10/2には蟹座の位置で下弦の月を迎えます。

下弦の月は、欠けていく月の最終調整の段階。これまでの活動を振り返り、そして新たなスタートを新月で切る前の「総まとめ」のタイミングと言えます。

今回下弦の月が起きる蟹座は「家庭」や「プライベート」をつかさどる星座。

自身の部屋を徹底的にお片付けしてみるのもいいですね。

部屋は自分の心の有り様を表しているといいますから、部屋を整えることで自分の感情や気もちも丁寧に整えていくことができるでしょう。

10/3は蠍座木星、魚座海王星と「感情」をつかさどる水の星座同士の調和がはたらき、溢れ出る感情の波を抑えきれないような日になるかもしれません。

さらに月の真向かいには山羊座の冥王星。

冥王星は根源的な変化をうながす星です。あなたの中に、極端な感情の変化が起きやすくなってきます。

この日はしっかりと休息をとり、感情の変化に振り回されないように気をつけましょう。

10/4〜10/6まで、月は獅子座の位置に滞在。

獅子座に月がある時期は自己表現力が高まり、クリエイティブな活動に精をだしていきたくなる時期です。

そんな月の真向かいには、前に突き進む勢いをもたらす水瓶座の火星が。

この時期は理想的なゴールに向かって一気に走り抜けていくような、熱いエネルギーに満ちた時期になりそうですね。

10/4は、同時に自由と変革の星、天王星が月に90度スクエアの位置からプレッシャーをかけています。

現状をガラリと変えたくなるような衝動に駆られるかも?

良い変化の勢いの波に乗れるよう、積極的に自分を外に向かって表現していくといいでしょう。

こちらの記事もおすすめです