月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

2019年11月12日は牡牛座満月!限りない豊かさをその手いっぱいに受け入れるタイミング!

 
牡牛座満月, 牡牛座, 満月







この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

2019年11月12日は牡牛座満月の日!夜遅く、10時34分頃に迎えますよ。

牡牛座のつかさどるテーマ。それは「物質的な富」や「金銭収入」、そしてあなたに備わっている「スキルや才能」。

牡牛座と蠍座は2大金運星座なんて呼ばれることもありますが。

感情の星座、蠍座のテーマが「他者から受け継ぐ価値あるもの=ギフト」だとしたら、感覚の星座、牡牛座のテーマは「自分の腕で生み出す価値あるもの=収入や所得」という違いがあるんですよね。

そして満月は、文字通りあらゆる物事がピークに達し、ぐんぐんと満ちていく時期です。

あなたのこれまでの経験や培ってきた能力がバババッと一気に花開き、そして望ましい豊かさを呼び寄せる事につながる・・・。

そんな事が大いに期待できるのがこの牡牛座満月というタイミングなわけです!

もうわかりやすいほどにリッチでラグジュアリーで潤いに満ちた影響を私たちにもたらしてくれるでしょう。

地のエレメントの不動宮の星座ですから、目に見えない曖昧さや不安定さをがっつり形にして安定させるような性質も備わってます。

この牡牛座満月には、モヤモヤした状態で放置していたあらゆる案件に決着がついていくこともありそうですね!

今回の記事では

◯11月牡牛座満月のホロスコープチャートを用いた星読み
◯サビアンシンボルの解説
◯満月に願いを叶えていくための感謝と振り返りの例文
◯オススメのアロマオイル

なんて事を丁寧かつ詳しく楽しくお届けして行きますよ!

どうぞ最後までじっくり読んでみてくださいね☆

牡牛座満月の星の影響と効果的な過ごし方とは?

こちらが11月12日、牡牛座で満月が起きる瞬間のホロスコープチャート。

こちらをもとに、満月当日のムードや星の影響、効果的な過ごし方やサビアンシンボルのメッセージをお届けしますね。

Fullmoon in taurus

 

1.逆行中の水星が教えてくれること

今回の満月、真向かいの蠍座太陽が月に光を当てています。

そんな太陽とよりそっているのが、現在絶賛逆行中の水星!今回は11月21日まで続きますね。

あー、厄介だ。こいつは厄介だぞお。

水星が逆行している時期は、「物事が思い通りに進みづらい時期」。

渋滞多発、いろいろ故障したり勘違いやすれ違いが起きたり、仕事で普段やらないようなミスをしてしまったり・・・。

水星逆行シーズンは私たちに、前を向いて進んでいるだけでは見落としがちなアレコレを気づかせるための時期でもあります。

そんな水星が太陽とタッグを組んで全力で月に向かってエネルギーを放射しているわけですから。

もうお節介なオカン並みに「ほらほらほらほら、これ忘れてるじゃないのおおお」って叫びながら「あなたが過去に落としてきた大切なもの」をブンブン振り回して届けに来てくれるかもしれません。

あなたはそこで立ち止まって振り返らざるを得ない。

もう早く前に進みたいのに、どうしても後戻りして取り戻さなければならないのです。

オカンを無視するわけにはいきません。

イライラしたり焦ったりすることなく、感謝の気持ちで後戻り。落としてきたものを拾い集めていきましょう。

 

2.土星冥王星コンビと良いムード。じんわり改革の足音が聞こえる・・・

ここ最近は、山羊座の土星さんと冥王星さんがじわじわ合わさって強烈なインパクトを放っているのが目立ちます。

義務と制限の星である土星、そして破壊と再生の帝王である冥王星。その2者が社会性の星座、山羊座でタッグを組んでるわけですから。

私たちが生きるこの社会のシステムや、あるいは私たちの外での活動やお仕事において、

「おいおい、それはちょっと違うんじゃないのー!?」

なんてツッコミ入れると同時にプチッと電源切って最初からやり直させるような改革を推し進めてきてます。

そんな土星冥王星コンビと120度トラインの角度で良いムードな今回の満月。

大きなショックやストレスは感じにくいものの、気がついたら変化が始まってた!なんて事が起きてくるはず。

じわじわと改革の足音はすぐそこまで迫っているのです。

それがどの様な種類の変化だったとしても、今は前向きに受け止めるとき。

変わる事を楽しむくらいの余裕を持って臨みましょう!

 

3.不動宮の星座に星が集まるとき。揺らぐことのない芯を見つけて

今回は牡牛座と蠍座という不動宮の軸で起きる満月です。(不動宮:牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)

不動宮の満月が私たちに促すのは、自分の中の「揺らぐことのない芯」を見つけて築くこと。

先程「改革が起きる」だの「変化が訪れる」だの言ったばかりですから、正反対の話をしているように聞こえてしまうかもしれませんが、決してそうではありませんよー。

私たちが柔軟に変化を受け止めるためには、自分の中に「確固たる信念=揺らぐことのない芯」が築かれていることが必要なのです。

芯がない人は、変化の波にただ流されてどこかでふわふわ漂い続けるだけ。

信念という名の芯がある人は、変化の波を原動力に変えて最高の勢いに乗っていくことができるようになるのです。

あなたが「ここだけは私は譲れない」と思える信念を、きちんと確立しておきましょうね。

 

牡牛座満月のサビアンシンボルは

1.月のサビアンシンボルは「雲を作り運び去る風」

サビアンシンボル イメージ画像
牡牛座 第4グループ:深い哲学的資質を自身の内から発掘する

今回、新月が起こるのは、牡牛座の20度(数え度数)。6つにわけられたグループの第4グループの最後の度数です。

16〜20度の第4グループは、反対側のサインの影響を受け、そのサインを強さを育てていきます。

牡牛座は、もともと自分の感覚を大切にするサイン。自分が良いと思ったものだけを取り入れ、自分が触れられる距離にある心地よいもので満たしていきます。そこに他者と狭〜く深〜くつながりたい蠍座が侵入してくるのです。

前回の蠍座新月のときにもお伝えしましたが、蠍座は「感情の深いつながり」などをつかさどるサイン。対象物と深く交わり、内面の奥深い部分での繋がりを追い求めていきます。

自分で自分を満たしていく牡牛座に、対象物と一体化しようとする蠍座の影響が関わってくるので、この段階の牡牛座は、一体化できるものを求め選んでいこうとします。

自分主体だったところに対象物が視野に入ってくることで、牡牛座の主観性に客観性が加わってきます。この段階を経て、更に強い自分の感覚に磨きがかかってきます。

この牡牛座満月のサビアンシンボル牡牛座20度「雲を作り運び去る風」です。

まるで歌のタイトルのようなサビアンシンボルではありませんか!

この20度に至るまでの第4グループの流れを見てみましょう。

16度で蠍座の影響を受け始め、それまで育んできた自分の感覚を信じるという牡牛座らしさに他との関わりが交わってきますから、目の前のことをいったん批判するようになります。

そして17度で、他者の考えと自分の考えの間で試行錯誤を繰り返し、18度ではこれまでの考え方をいったん外へ出し、19度で自分の内面を掘り下げ、第4グループの最後の度数である20度では、他からやってくるものからヒントを受け取っていきます。

それでは、牡牛座20度のサビアンシンボルから、牡牛座満月のメッセージを読み解いて行きましょう!

 

2.サビアンシンボル「雲を作り運び去る風」から受け取るメッセージ

今回の牡牛座20度のサビアンシンボルは「雲を作り運び去る風」。

歌のタイトルのようだと先程、書きましたが…。どんなイメージが浮かぶでしょうか。

空を見上げた時に、雲の形が何に見える?という話をしたことはありませんか?「ふかふかの綿菓子みたい〜」から「龍がいる!」というスピリチュアルな方まで、形を変えていく雲からいろいろなイメージを受け取る人はたくさんいますよね。

雲は見るたびに形が変わっていきます。「雲を作り運び去る風」というサビアンシンボルは、一瞬で変わってしまうような目の前の出来事から、インスピレーションを受け取るという意味があります。

受け取ったインスピレーションから、未来へつながるヒントを受け取り、牡牛座的に自分の中に答えを見出すことができるというサビアンシンボルです。

牡牛座は自分の肌感覚を信じるサインですから、インスピレーションを受け取っても流されることはなく、それをいったん自分のものにしたあとで答えを出します。

「雲」やそれを運び去る「風」は、あくまでもヒント。自分の未来を作るのは自分自身であることを理解していれば、どんな些細なことからも直感を受け取って、それを元に自分で答えを出すことができるでしょう。

 

3.おすすめアクション。キーワードは「あなたにとっての豊かさについて答えを出す」

サビアンシンボルにある「雲」や「風」は、自然のものですよね。

今回の牡牛座満月のおすすめアクションその1は「ゆったりとした自然の中で過ごす」こと。広い公園や自然のある場所で、雲を眺め、風の音を聞きながら過ごしてみてください。自然から受け取るインスピレーションがあなたを助けてくれますよ!

素足で土の上を歩いてみたりするのもグラウンディングの助けになります。自分で答えを出す力を補充しましょう!童心に返って自然を思い切り楽しむのもおすすめです。

おすすめアクションその2は、「街を歩いている時に目に入るもの、耳に入るものからインスピレーションを受け取る」よう意識すること。

私たちの身の回りは、ヒントに溢れています。それを受け取るためには、何よりも自分の心を開いておくことが大切。

自分の心がオープンであれば、あなたに訪れる変化も、目の前の出来事も、おおらかに受け止めて自分自身で判断をできるようになりますよ。

今、起こっていることは、どんなことであってもあなたの幸せのために起こっていることです。それを今後の人生で活かして行けるように、メッセージを存分に受け取りましょう!

  • これからあなたが手に入れたいものは何ですか?
  • そのためにあなたが自分でできることは?
  • あなたにとっての豊かさとは?

その答えを出すのは他の誰でもないあなた自身。この満月であなたに本当に必要なこだわりや思いを明確にしてみてくださいね!

 

2019年牡牛座満月の感謝と振り返りのワーク、どんな事を書く?

牡牛座満月の願いと振り返り

物質的な富と豊かさの星座、牡牛座で起きる11月の満月。

ここであなたが振り返りたいのは、自分自身の所得や収入、貯金について。また、それ以外の価値ある持ち物をどのように獲得してきたのか?ということ。

さらに牡牛座は愛と美の星である金星が支配星の星座ですから、他者から愛を受け取った経験や自分を美しく輝かせてくれる事について振り返るのも大切ですよ。

さらに満月は「解放」のタイミングでもありますから、お金に対する不安を手放すようなアファメーションを書いてもいいでしょう。

あなた(もしくはあなたの家庭)はこの半年ほどの間にどれほどの価値あるものを獲得した?

あなたはどんな時にお金に対する不安や心配を感じる?

自分の身体でもっとも美しいと感じるパーツは?

あなたが活用している才能とは?

満月に行う感謝と振り返りのワークについては「満月の効果的な過ごし方とは!?試して欲しい振り返りと感謝の方法」の記事でも詳しくお伝えしているので参考にしてみてくださいね!

それでは。

ここから丁寧に11月の牡牛座満月の感謝と振り返りの例文をご紹介していきますよー!

 

1. 私(もしくは私の家族)は、この1年ほどの間に◯◯や◯◯といった価値あるものを獲得する事ができました。ありがとうございます。

収入や財産をつかさどる牡牛座で起きる満月。

1番最初に振り返りたいのは、「自分がどれだけのものを獲得してきたか?」ということ。

今回振り返りたいのは目に見えないものではなく、しっかりと目に見える分かりやすい価値があるもののこと。

1年間の預金残高の推移や収入をここで改めて見返してみるのもいいですね。

また、土地や家、その他ブランド品や高級品などの「世の中で価値があるとされている物」をもしこの1年ほどの間に獲得していたら、それをひとつひとつ振り返ってみるのもいいでしょう。

あなたが獲得してきた物は、あなた自身のこれまでの努力や頑張りを示す指標でもありますからね。

私はこれほどの物を獲得できたのだから、これからも自分のペースで着実に歩みを進めて行こう!

そうやって新たなモチベーションが自然と湧いてくるはずですよ!

 

2.私は、◯◯という自身の能力や才能、スキルをフルに活かしながら、金銭収入や他者からの信頼を得て運命を切り開いてきました。ありがとうございます。

牡牛座のつかさどるテーマは、「自分自身の使えるスキルや能力」というのもあると書きました。

これまでにあなたがフル活用してきた自分自身の才能や能力、スキル、技術はありますか?

それを使ってどれほどの物を獲得してこられたでしょうか?

あなたが活用してきた能力やスキルについて振り返りながら、ここでもまた自分自身の歩みを丁寧に振り返り自分で自分を褒めてあげましょう。

そして、今後はどのようにその能力やスキルを生かしていきたいかについても併せて考えてみてもいいですね!

 

3. 私は、◯◯という夢や目標を堂々と実現させるために、◯◯という不安や恐れをここで手放します。ありがとうございます。

満月は不要な感情をスッキリさっぱりリリースするタイミングでもあります。

特にここで手放したいのは、「お金」に対する恐れや不安。

どれだけ稼いでいても不安や心配がつきまといリスクを冒して脱税してしまう人がいる世の中です。

収入が高ければ高いほどお金の悩みがないというわけではないのでしょう。

まずはここで、「自分はすでに豊かさに満たされている」という事をきちんと認識しましょう。

衣食住、きちんと日々揃っている。その事をまずは感謝してみて。

ちょっとスピリチュアルな話になってしまうかもしれませんが、「足りない足りない」と焦る人のところよりも、「満たされてるよー」とリラックスしている人のところの方が、富は巡ってきやすいものですよ!

 

11月の牡牛座満月におすすめのアロマオイル3選

それでは、今回の牡牛座満月におすすめのアロマオイルをご紹介します!

どの精油も、妊娠中の方や授乳中の方は使わない方がいい場合がありますので、当てはまる方はよく調べた上でのご使用をお願いしますね。

1.イランイラン

牡牛座の支配星でもある金星のアロマオイルでもあるイランイラン。

ここ数ヶ月に渡るきびしめの星の配置と水星逆行の影響を受けている人は、ストレスがたまり気味かも…。

イランイランの温かみのある香りは、ストレスから来るイライラを和らげ、抑圧された心を解き放つ手伝いをしてくれますよ。ゆったりと自分を受け入れ、幸せを感じる心をもたらしてくれます。

香りがきつく感じる人は、柑橘系のアロマオイルとブレンドして使ってみてくださいね。

 

2.パルマローザ

今回満月が起こる牡牛座には、天王星が滞在しています。月や太陽とのアスペクトはありませんが、天王星との合を経て起こる満月。この時、天王星はMCのすぐそばにあります。

満月の前から、何らかの変化が起こった方もいるはず。そんなあなたに使って欲しいのはパルマローザのアロマオイル。

すがすがしい香りは、安らぎを与えてくれると同時に心のバランスをもたらしてくれます。起こった変化に柔軟に対応する柔和な心を持つサポートをしてくれるアロマオイルですよ。

妊娠中は使用を控えてくださいね。

 

3.ゼラニウム

最後におすすめしたいのは、ゼラニウムのアロマオイル。

人生に変化はつきもの…とは言え、変化に対応するにはしっかりとした軸がないと辛いですよね。

ゼラニウムの爽やかかつフローラルな香りは、精神と身体のバランスをとって自分の軸を安定させてくれる香りです。

幅広い視野を持つサポートもしてくれますので、心をオープンにしてインスピレーションを受け取りたい時にもぴったり。

受け取ったメッセージを元に自分で答えを出す、今回の牡牛座満月には必須のアロマオイルでしょう。

妊娠初期は使用を控えてください。妊娠中のその他の時期の使用は注意して使用してくださいね。

 

部屋の芳香に使う場合、特に寝室などでたく場合は、火を使わないアロマディフューザーがおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ

豊かさ!愛!お金!スキル!

この世のベタな喜びをすべて叶えてくれそうな今回の牡牛座満月。書いてるだけでウキウキしてきます。

「私、すでに満たされてる・・・いつもありがとう、お月様。」

といった感じで、リッチでラグジュアリーでファビュラスな満ち足りた意識で今回の満月を迎えていきましょうね!

さて、今回の牡牛座満月当日には、「◯◯座のあなたが富と豊かさを呼び込むには?」という記事を公開しちゃいますよ!

◯Life with the moonのnote一覧はコチラ

 牡羊座, 占い, ムーンガイド

「12星座別ムーンガイド」は、月額マガジン(450円/月)として定期購読もできます。クレジットカード決済で初月無料ですのでご興味のあるかたはぜひ申し込んでみてくださいね☆

あなたの月によりそうライフをサポートする鑑定、個別の過ごし方や新月の願いごとの例文をお届けする「わたしだけのムーンガイド」も絶賛お申込み受付中です!

もうすぐ迎える11月射手座新月12月双子座満月の鑑定の申し込みを絶賛受け付け中。締切はこの11月12日の牡牛座満月の日です!

新月 願いごと

今回のムーンガイドの詳細はコチラの記事を参考にしてくださいね☆

さらにもうひとつ。

先月から始まった新鑑定、「心をみつめるひと月。ルナリターン鑑定」も好評受付中ですよー☆

Life with the moonのルナリターン鑑定は、ただ1ヶ月の運勢を占うような内容ではありません。

ひと月の自分の内面の動きを意識する事で、自然の流れによりスムーズに乗っていけるような内容となっています。ぜひこちらも、あなたの月によりそうLifeの有効なメソッドとして活用してくださいね!

それでは皆様、最高の満月の日をお迎えください。

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。










関連記事



Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.