【牡羊座新月サビアンシンボル】最高の人生をスタートさせるために何が一番大切かを見直す




水星逆行を終えた翌日である2018年4月16日 10:58、牡羊座26.02度で新月を迎えましたね。

新月を迎えた後になってしまいましたが、この新月がサビアンシンボルではどういう意味を持っているのかをご紹介したいと思います。

サビアンシンボルとは?

サビアン占星術とは、1920年代に提唱された占星術です。

牡羊座、牡牛座などのいわゆるサインは12サインあり、それぞれが30度の幅を持っています。
12サイン分、360度それぞれの度数に、サビアンシンボルというキーワードが割り当てられていて、その象徴する意味を読むことで、度数の意味を探っていくものです。

2018年4月16日の新月のサビアンシンボルは…

この新月のサビアンシンボルは牡羊座27度「想像の中で復活された失われた機会」です。

牡羊座の目的は「自分が何者であるかを明確にすること」です。

牡羊座1度は、占星術的に言うと生まれた赤ちゃん。
段階を追うごとに、自分の人生の目的は何なのか、自分自身の生き方を確立していくプロセスを踏んでいきます。

牡羊座特有の活発さをいろいろと試し、27度まで来て、これまでの失敗から多くのことを学び、想像の中でいろいろなケースを考えて人生を立て直そうとするのです。
本日の新月は、その最終段階の度数ですから、自己へと向かう精神性がとても強まります。

もし、自分の人生の意味を見失いそうになっているとしたら、何が一番大切かを見直し、改めて全てのことを考え直してみるといいでしょう。

立て直しは、何度でもできます。失敗をしても、立て直す。
それをくり返していくうちに、人生が良い方向へ必ず向かっていきます。

この新月は第10ハウスで起こっていますので、仕事、ビジネス、社会的な目標などを見直していくといいかもしれませんね(主婦の方も、立派な社会的な役割を担っていますので、関係ないわけではありませんよ!)。
このハウスに月が来たときは、自分の意見を固める時でもあるんですよ。

2018年の4月に迎える特別な新月と満月。タイミングを絶対に逃さず確実にアクションを起こした方がいい理由【最強の月】でもお伝えした通り、革命の星である天王星とコンジャンクションしていますので、新しいやり方を思い切ってやってみたり、あるいは、そういった状況が作られる人もいるかもしれません。

新月を過ぎた後も、先日ご紹介した新月の願いごとメソッドを活用し、最高の人生をスタートしてくださいね。

月の満ち欠けを利用して夢に近づく!書きっぱなしにしない願いごと術【新月の願いごと】

2018.04.14

新月の願いごとを現実的に叶えて行くためのメソッド。願いっぱなしスパイラルにハマらないために。

2018.04.15

また、新月に同じ願いごとを書いてもいいのかなという疑問が浮かんだから、こちらを読んでみてくださいね。

【牡羊座新月の前に見直しておきたい事】新月の願いごと、毎回同じことを書いちゃダメなの?その疑問にお答えします。

2018.04.10

今回の牡羊座新月は特に重要ですので、牡羊座新月に関する記事にはぜひ目を通してくださいね。

2018年の4月に迎える特別な新月と満月。タイミングを絶対に逃さず確実にアクションを起こした方がいい理由【最強の月】

2018.04.04

新月の願いごと。効果をきちんと現実に反映させるために必要なたったひとつのこと【4月16日牡羊座の新月】

2018.04.08
スポンサーリンク

新月を迎えた後、オラクルカードをひいてみました

より新月の力を感じ、活かしていくためにオラクルカードをひいてみました。

この牡羊座新月にぴったりの2枚が出たのでご紹介しますね。

Honor and trust your feelings
自分の感覚を尊重し信頼する。
自分の心の中を観察し、耳を傾けてみましょう。
あなたの感覚は間違っていません。
もし何か葛藤を抱えていたら、それを認め、
適切な行動を起こす時が来ています。

Listen to your heart
あなたの心の声を聞いてください。
それはあなたの内なる意志です。
目を閉じて数回深呼吸をし、
意識をそこに静かに向け、心に聞いてください。
どんな感情がわき起こっても、ただそれを信じてください。

自分との対話をした上で、自分にとって何が大切かを考えてみると良さそうですね!

ひいたカードは、こちらこちらです。

こちらの記事もおすすめです