月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

2019年3月7日は魚座新月。インスピレーションを受け取りリアルな希望を見出す

 
魚座新月
この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

2019年3月7日、午前1時4分に魚座15度の位置で新月を迎えます。

魚座は12星座の1番最後の星座。あらゆる経験や感情を一度受け入れ、飲み込み、そして浄化し癒やしていくような場所です。

今月は21日に占星術的な新年、春分の日を迎え、そして来月5日には月のサイクルが切り替わる牡羊座の新月を迎えますね。

今回の魚座新月は、これからあなたが新たな季節を迎えるにあたって“これまでのあれこれ”を洗い流すような、重要な清算のタイミングとなるでしょう。

春分の日から迎える新しい年を、どのような年にしたいですか?

もちろん、現実に実感できる手応えや成果、幸運や幸福を手に入れたいと思いますよね。

それならば、まずこの魚座新月の星の影響を読み解き、そして魚座の月がもたらす豊かなイマジネーションの世界に現実に活かすことのできる宝物を見つけてみましょう。

魚座新月の星の影響と過ごし方

それではここから、魚座新月が起きる瞬間のホロスコープチャートをもとに効果的な過ごし方についてお伝えしていきますね☆

魚座新月

1.海王星の合。濃密な魚座の雰囲気が漂う

今回の新月は、なんと魚座の支配星である海王星が太陽と月に1度差でピタリ重なります。

魚座ワールドに地球全体が取り込まれるような新月になることでしょう。

魚座、そして海王星はともに夢や妄想、イマジネーションをつかさどっています。

夢と現実の境が消えていき、現実には起こりえないようなことが実際に起きたり、また妄想なのにやたらリアルな実感をともなっていたり、そんなカオスな世界が広がっていくのです。

あなたが現実に起きてほしいことを、ひたすら妄想しながら願いごとを書くのもアリでしょう。

いつもは閉ざされている夢と空想との間の扉が、この新月にはパカーンと開放されるのですから。

夢を現実のものにするなら今。この魚座新月のタイミングではありえないほどのキラッキラの妄想のような夢を願っておきましょう。

2.地の星座との小三角、現実的な行動力が宿る

今回の新月を、牡牛座の火星と山羊座の土星が60度セクスタイルの角度で両側からサポートしてくれています。

これは占星術の専門用語で「小三角」と呼ばれる複合アスペクト。

牡牛座も山羊座もともに「現実的な基盤」をつかさどる地の星座同士。

夢や妄想だけで終わりがちな魚座の月に、現実的な行動力や実現力をもたらしてくれるのです。

あなたのフワフワとした甘い夢を現実に叶えるなら、この魚座新月の星の配置は最強です。

壮大な夢を思い描きましょう。

そして、その夢を実現させるためには具体的にどうしたらいいのかまで、考えてみるといいですね。

できない理由を数え上げるのでなく、どうしたらできるか?といった方法を可能な限りあげていきましょう!

3.女性宮の星たち。感情で受け入れて。

12星座は、男性宮と女性宮の2つの種類にわけられています。

ちなみに、牡羊座から数えて奇数の順番にあたる、火と風のエレメントの星座たちが男性宮。

偶数の順番にあたる地と水のエレメントの星座たちが女性宮です。

今回の魚座新月では、占星術であつかう基本的な10個の天体のうち、太陽と月をはじめとする計8個の星が女性宮に集中しています。

「女性性」、というキーワードから、どのようなものを想像しますか?

柔らかくて、寛容で、共感力があって。

この魚座新月でも、ぜひこういった「自分のなかに宿る女性的な質」を意識するようにしてみてください。

あなたの実際の性別は関係ありません。

男性のなかにも女性性は備わっています。

他人に対して攻撃的になったり、すべての物事を論理で理解し片付けようとするのでなく、ただありのままの状態を受け入れる。受け止める。

そんな姿勢がこの魚座新月の影響を効果的に取り込む鍵になりますよ!

▲目次へ戻る

魚座新月のサビアンシンボルは

1.月と太陽のサビアンシンボルは「ひらめきの流れ」

魚座第4グループ:世俗の中で、個人の創意を鮮やかに解放する

サビアンシンボルでは、各サインを5度ずつのグループにわけ、そのサインらしさを成熟させていきます。

2018年の蠍座新月から、次の牡羊座新月までの半年間の新月はすべて15度台での新月。

サビアンシンボルは端数を繰り上げるので16度となりますが、この16度が属する第4グループは、対抗するサインの性質を受け取りながら、調整をしていきます。

同じ16度で新月が起きているここ数ヶ月。そのサインらしさだけではなく、対抗サインの影響を受け、自分の考えを時に疑い、自分以外の考え方を取り入れ、調整し強化していくというイメージがあります。

今回の魚座新月のサビアンシンボルは魚座16度「ひらめきの流れ」です。

魚座は、他者との境界線がはっきりしておらず、個というものがふんわりとしています。この度数で、個としての完成を目指す乙女座の影響を受け、魚座が属していた居心地のよい集団を離れて、個として挑戦を試みます。

このサビアンシンボルの原文は、The flow of inspirationです。

flowとは、「絶え間なく流れる」「循環する」「あふれる」という意味。そしてinspirationは、「ひらめき」「霊感」などと訳されますが、inspirationの動詞であるinspireには「奮い立たせる」「(気持ち反応など)を起こさせる」という意味があります。

このサビアンシンボルは、魚座が集団の中で培ってきた、絶え間なく流れる創造的なエネルギーを表しています。それも、単なる思いつきではなく、人々を動かすようなエネルギーです。

2.サビアンシンボルからのメッセージ

私たち人類は文明を発展させて来ました。「今の生活をもっと良くしたい」「おもしろくしたい」「問題を解決したい」という思いつきから新しいものは生まれます。

もっと良くしたいという気持ちとひらめきは絶えずあふれ続け、実験的にでもそのひらめきを実行し試してみることが、生命の流れであり幸せの源へなって行きます。

このサビアンシンボルからは、わき上がるひらめきを見逃さないようにして、思いついたアイデアを自分の中に閉じ込めておかずに、とにかく実行してみようというメッセージを読み取ることができます。

そのひらめきは、まるで文明を発展させてきた数々の発明のように、周りの人たちへ影響する可能性を秘めているのかもしれません。

3.おすすめアクション。キーワードは「創意工夫」

私たちの日常には、ひらめきを得られるものが限りなくあります。この魚座新月でのキーワードは「創意工夫」

周りを見渡してみて、自分のアイデアが活かせるものはなにかを考えてみましょう。また、たまたま目にしたもの、たまたま耳にした見知らぬ人たちの言葉などにも意識を向けてみて。思わぬアイデアへと繋がるかもしれません。

イマジネーションを膨らませ、一般的見解に左右されない自由なアイデアを実行してみましょう。小さなことでかまいません。他人の意見や世間の常識などを気にせず、とにかく実行してみるのです。

この魚座新月は、自分が持っている能力を活かす新たなチャレンジを後押しし、豊かさにつなげるエネルギーがあります。

3月6日から本格的に牡牛座に移動する天王星のエネルギーも、アイデアを実行することで起こる物質的な変容を応援してくれることでしょう。

 

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

まとめ

今回新月が起きる魚座はゆらりと海にたゆたうような、リラックスした雰囲気に満ちた星座。

焦ったりイライラしたりするのは一休み。

すべてを投げ出して開放的な気分で新月の日を過ごしましょう。

そして。

4月にはいよいよ月のサイクルが切り替わる決定的な節目、牡羊座新月を迎えますね。

来月の牡羊座新月&今年2度めの天秤座満月の個別の過ごし方や新月の願いごとの例文をお届けする鑑定「わたしだけのムーンガイド」、締切は3月21日の天秤座満月の日です☆

新月 願いごと

詳細はコチラの記事をご参考に。

万全の体制で新しい節目を迎えるべく、ぜひ活用してみてくださいね!

▲目次へ戻る

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。















関連記事



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.