月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

2019年4月の天秤座満月第2弾!鍵を握るあの人との距離をグッと縮める日に

 
天秤座満月







この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

2019年4月19日は今年2度めの天秤座で満月が起きる日。日本では午後8時12分頃に迎えます。

天秤座は対人関係やパートナーシップをつかさどる星座ですね。愛の星、金星を支配星にもつことから、恋愛星座♡なんて呼ばれることもあります。

この満月においては、あなたの人間関係に大きな変化が起きてきたり、あるいはこれまで続けてきた「対話」や「交渉」に何らかの決着がつけられるようなことが起きてくるでしょう。

あらゆる成功も幸せも、悩みや不安も、すべては人間関係が鍵を握っていると言っても過言ではありません。だからこそ、天秤座満月は私たちが自身の願いを叶え、望ましい未来に向かうために極めて重要なタイミングと言えるのです。

この2度めの満月の星の影響を読み解き、満月が導く幸運の波に乗っていくためのヒントをお伝えしていきます☆

4月の天秤座満月の星の影響と過ごし方

こちらが、4月の満月が起きる瞬間のホロスコープチャートです。

天秤座満月

1.天秤座29度の満月。輪の中に入るのでなく、1人と向き合うこと

まず気になるのが、今回の満月と、春分の日におきた前回の満月、同じ天秤座の位置で起きるのに、なにか影響に違いはあるの?というポイント。

前回は、ちょうど天秤座に入りたて0度の位置で起きた満月でした。フレッシュなはじまりのムードに満ち、人と人が出会う喜びみたいなものを感じさせる月でしたね。

一方、今回は天秤座29度、ほぼ終わりかけの位置で迎える満月です。次に待ち構える星座、蠍座の気配を漂わせている満月と言えます。

蠍座はかけがえのない人やものとの共生をつかさどる星座。

つまり、今回の満月においては、人間関係も広く浅くではなく、狭く深く。ギュッと濃密な時間をたった1人の相手と共有すること。

コネクションづくりに励むより、たった1人の相手とのたしかな信頼関係を築くことにフォーカスするといいでしょう。

満月は感謝と振り返りのタイミングでもありますからね。

その相手にしてもらいたいことを思い浮かべながら、まず先に感謝の言葉を捧げてみるのも効果的ですよ。

2.天王星と太陽の合。冥王星とのTスクエア。圧倒的な変革を受け入れるとき

今回の満月は、月の真向かいに牡羊座の太陽。

そしてその太陽とくっついているのが自由と変革をつかさどる星、天王星です。

あなたの感情が大きく揺さぶられるような事が起きてくるかもしれません

さらにそんな月と太陽の狭間には、90度スクエアの角度で関わり合う山羊座の冥王星

これは専門用語でTスクエアと呼ばれる複合アスペクト。太陽と月のエネルギーのはけ口が冥王星になります。

冥王星は劇的な変容をつかさどる星です。

天王星が引き起こすのが家の中のちゃぶ台ひっくり返すくらいの変化だとしたら、冥王星が引き起こすのは家そのものを一度破壊して建て直すくらいの衝撃をともなう変化です。

特に今は、現実的な感覚をつかさどる地の星座、牡牛座に天王星が、山羊座に冥王星が位置していますからね。

精神的な変化にとどまらず、あなたの目の前の現実に何か巨大な変革が巻き起こることも期待できます。

良くも悪くも、あなたが起こしてきたこれまでの行為に対する何らかの結果が一気に表れてくる可能性も。

満月の時期は特に、自身の身の回りに起きてくる変化や出来事には注意をはらっておきましょう。

あなたにとって大きな意味をもつ決定的なチャンスが顔を覗かせるかもしれません。

3.小惑星ジュノーとの調和。あなたは誰と契りを交わす?

今回の満月は、小惑星ジュノー(ユノー)と120度トラインの角度で調和しています。

ジュノーは「契りとそこから生じる義務や責任」を示す星。

今回の天秤座の満月は1対1の人間関係に光があたるタイミングになりますが、その人との関係性においてあなたが背負うべき責任も含めて意識させられるような出来事が起きてくるかもしれません。

この満月の時期は特に、裏切りと不義理はNG。

あなたが相手に対してしてあげるべきこと、そしてしてはいけないことを明確にしてみましょう。

ただ何となく一緒にいる、ではなく、相手とあなたが一緒にいる意味を、一度考えてみることです。

あなたを幸せにするのも、あるいは落ち込ませるのも、目の前の相手とあなたの関係性次第なのですから。

目次へ戻る

4月の天秤座満月のサビアンシンボルは

1.月のサビアンシンボルは「哲学者の頭にある三つの知識のこぶ」

天秤座第5グループ:対人関係の豊富さを使いこなす

約1ヵ月前の春分の日、宇宙元旦とも呼ばれる占星術的新年を迎えた日、天秤座1度(数え度数)での満月を迎えました。

今回の2度目の満月は、天秤座の最終度数である30度(数え度数)で迎えます。前回の天秤座満月のサビアンシンボルは「突きとおす針により完璧にされた蝶」でしたね。

これは、それぞれに違う個性があるということ、他者から見た自分の個性を考えてみてはどうだろうかという提唱でもありました。

その後、今回の最終度数30度まで、天秤座は他者との関わりを通して、自分と他者の関係性や客観的視点を会得して来ました。

天秤座30度のサビアンシンボル「哲学者の頭にある三つの知識のこぶ」にある、「こぶ」は多くの人々と接し、吸収してきた知識、そしてその経験で得た感覚、その時に感じた感情で膨らんでいます。

哲学者は、常に知識を追い求め、探求しています。追い求めた末、知識、感覚、感情をバランス良く持った状態。それがこの天秤座30度の状態です。

この後、深く関わるサインである蠍座へと移行していく準備が整った段階であると言えますね。

2.サビアンシンボルからのメッセージ

天秤座は他者ありきのサイン。最後の30度を迎えるまで、他者と関わり、他者の目を通して自分を知り、客観的な視点を培い、その場に流れる空気全体を読むことを学んで来ました。

この度数で、天秤座は、他者との関わり…それもほどよい距離を保った関わりを通して、「知識」「感覚」「感情」のどれかに偏っていては客観的視点を持つことができないことも熟知しています。

物事を理解するための「3つのこぶ」を完全なバランスで所持し、そして融合させることができるため、どんな物事でも理解を進めることができます。

この哲学者が伝えたいことは何でしょうか。天秤座の世界を知り尽くした3つの知識のこぶを持つ哲学者はこう言うことでしょう。

あなたが考える自分もあなたであり、他者の目を通して知ったあなたもあなたであり、あなたが感じたことも、考えたこともまたあなたである、と。

だから、自信をもって次の蠍座の世界へ行きましょうというメッセージが込められているようです。

3.おすすめアクション。キーワードは「未来を予測する」

この満月の日のキーワードは「未来を予測する」です。単純な予測というよりも、哲学者が持つ3つの知識のこぶを使って、深く洞察する力を使って予測する未来です。

前回の3月21日の満月の時、こうお伝えしましたね。

客観的視点は、自分の視野を広げてくれます。客観的視点をどんどん取り入れて、どんな人生が自分にとって理想的なのか?、自分はどんな風になりたいのか?を考えてみましょう。

今回の満月では、もっと深く、「知識」「感覚」「感情」を融合させ、どんなテーマを掘り下げて行きたいか?を考えてみてください。そこにパートナーがいる場合もあるでしょうし、自分が置かれる状況が変わる可能性もあるでしょう。

今ある事実やとりまく環境から考えるのではなく、表面的に見えないものを直感的に見抜いて判断する力も必要になってきます。

自分が今後の人生で掘り下げて行くテーマを見つけられるかどうか?が鍵となる満月です。この機会に、人生という大きなテーマを考えてみることを強くおすすめします!

目次へ戻る

スポンサーリンク

まとめ

今年2度めとなる天秤座満月。ここで紹介した過ごし方のヒントやサビアンシンボルの影響を取り入れながら、満月の影響を効果的に自身の生活と願望成就に活かしていきましょう!

そして。いよいよ来月は欲しいものを手に入れるための新月、牡牛座新月を迎えます!

5月の牡牛座新月&蠍座満月の個別の過ごし方や新月の願いごとの例文をお届けする鑑定「わたしだけのムーンガイド」、締切は今回の4月19日の満月の日です☆

新月 願いごと

詳細はコチラの記事をご参考に。

また、今月から始めたnoteの「12星座別・天秤座満月に感謝すべき人と起きること」の記事も4月19日の満月に合わせて公開されますので、こちらもLife with the moonnote一覧ページで確認してみてくださいね☆

月によりそい、すてきな満月を迎えていきましょう♡

目次へ戻る

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。










関連記事



Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.