山羊座満月に東京都葛飾区の熊野神社で満月夜参り行ってきました!

熊野神社 満月夜参り




皆さまこんにちは!星よみライターAYAKOです。

先月6月28日の山羊座満月、とっても大きなお月さまが夜空に浮かんでましたね。

キャリアやお仕事をつかさどる山羊座で迎えた満月。自身の社会的な活動において感謝の祈りを捧げるちょうど良いタイミングでした。

当サイトLife with the moonを運営している2人は東京都葛飾区立石にある安倍晴明ゆかりの神社、熊野神社に満月夜参りに行ってきましたよ。

熊野神社の新月・満月夜参りとは?

東京都葛飾区立石にある五方山 熊野神社。平安時代に安倍晴明がこの地を訪れ、中川の氾濫による水害に悩まされていたこの地を護るために建てたと言われているゆかりの地です。

この熊野神社では、毎月新月と満月の夜に新月・満月夜詣りを行なっています。

新月には祈りを、満月には感謝を捧げる特別祈祷です。

新月の夜参りの様子は、以下の記事をご参考にしてみてくださいね。

安倍晴明ゆかりの熊野神社へ新月夜詣りに行ってきました!

「新月」と「満月」。「祈願」と「感謝」。
「お願いします」というみずみずしい心。「ありがとう」という感謝の気持ち。
陰陽師 安倍晴明公が勧請した、清浄で強力なパワースポットで心身共にお祓いいたします。
安倍晴明公のお導きを頂かれ「新月の夜」、「満月の夜」には熊野神社で「祈願」と「感謝」の真心をお捧げください。
五方山 熊野神社 ホームページより。

満月夜参りはこんな感じでした。

満月夜参りの祈祷の受付は、当日夜7時半から。

初穂料5000円を納め、名前と住所を記入する用紙と満月の感謝を書き記す紙を受け取ります。
※満月の感謝を書く紙は祈祷後に満月のもとでお焚き上げします。

8時になったら、まずは参列者みんなで宮司さんを先頭に一列になり、本殿前の茅の輪くぐりを。
熊野神社 満月夜参り

その後は本殿で30分ほどの祈祷、最後に皆で外に出て、満月を見上げながら感謝の気持ちを書いた紙をお焚き上げします。

私は2年間勤めた職場を妊娠によりちょうど辞めるタイミングだったので、そのお仕事のこと。そしてもちろん、このサイトLife with the moonの活動のこれまでの実りも振り返り、そんな感謝の気持ちを書きました。

授与品として、こんなにかわいい満月お守りとお塩も頂けました!

熊野神社 満月

祈祷の間はお腹の子もいつも以上にモゾモゾ動いてました。良い波動を感じてたのかも笑。

こちらの熊野神社は陰陽道の陰陽五行説(木火土金水)に基づき、境内が三十間五角(一辺が約55mの正五角形)の五角形になっているそう。

樹齢350年の楠のご神木もあり、非常に神聖な気に満ちた場所ですよ。

御神木のそばにじっと佇む大きなカエルがいたのですが、安倍晴明公にもカエルにまつわるお話が残ってますし、もしかしたら精霊か守り神さまかもしれませんね!

スポンサーリンク

五方山 熊野神社へのアクセス

住所:〒124-0012
東京都葛飾区立石8丁目44−3
青砥駅から徒歩10分
詳しいアクセス方法は熊野神社ホームページをご参照ください。

こちらの記事もおすすめです








ABOUTこの記事をかいた人

AYAKO

埼玉生まれの30代。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、過酷なインド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。