月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

来週の月もよう。6/30〜7/6【魂の記憶をたどる蟹座新月】

 
月の占い
この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

来週1週間の月の動きや配置が地球上に住む私たちにどのような影響を与えるのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

6/30〜7/6、来週の月は私たちにどんな影響を与える?どう過ごす??

6/30〜7/2まで、月は双子座に滞在。

双子座に月がある時期は、あれもこれも手を出したくなって気もちがソワソワしてくるとき。

忘れものや落としものが多くなったり、気がつけば期限が過ぎてた!!なんてそそっかしいミスが増えてくるので要注意です。

7月1日には射手座木星が真向かいに滞在。

これまで熟成させてきた何かをここで一気に発信するようなことが起きてきそうです。

7月2日には愛と美の星、金星と月が重なります。

双子座の金星は流行の最先端を象徴しているかのよう。

普段は流行なんて興味ないわ!なーんて方も、この日だけは思い切ってトレンドに乗っかってみて。

7/2〜7/4まで、月は蟹座に滞在。

蟹座に月がある時期は、自分自身の内側にフォーカスしたくなるとき。

慌ただしい日常から少し離れ、静かに自分の内面を見つめたり、心を満たすような活動に取り組んでみましょう。

3日の午前4時16分には蟹座の位置で新月を迎えます。

日本では観測できないものの、日食をともなう新月です。

太陽の光を月がさえぎる食のタイミングは、太陽が象徴する未来ではなく月が象徴する過去に意識を向けるべきとき。

私たちがそれぞれ背負った使命を今あらためて確認させられるような事が起きてくるでしょう。

また過去にやり残したことや、忘れかけていた記憶をあらためて掘り起こすような作業が起きるかも。

新月の願い事を書く場合は、家庭や基盤を示す蟹座の位置で起きる新月ですから、表面的なことではなく根本的な部分を見つめながら行うといいですね。

7/4〜7/6まで、月は獅子座に滞在。

月が獅子座にある時期は、誰もが自分の人生の主役であることを意識する時期。

遠慮することなく堂々と自分自身の能力や魅力をアピールしたいところです。

7月4日、獅子座に入ったばかりの能動的なエネルギーをもたらす火星と重なります。

派手でドラマティックな出来事に巻き込まれていくこともありそう。

獅子座はレジャーをつかさどる星座でもあります。

この夏に思いっきり楽しみたいことをアレコレ想像しながら計画を立ててみてくださいね☆

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。












関連記事



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.