来週の月もよう。9/9~9/15【未来に向かって今を整える乙女座新月】

乙女座 満月




来週1週間の月の動きや配置が地球上に住む私たちにどのような影響を与えるのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

9/9~9/15、来週の月は私たちにどんな影響を与える?どう過ごす??

9/8〜9/11まで、月は乙女座の位置に滞在。

乙女座は奉仕の星座。

身の回りの人のお世話を積極的に行っていく時期になります。

ただし、乙女座に月がある時期は細かい部分が気になりやすくなる傾向も。普段なら気にならないような、他人のちょっとした言動や行動にイライラする可能性もあります。

心に余裕をもって1日を過ごすよう心がけてみてくださいね。

9/10のAM3:01には乙女座の新月を迎えます。

9/10未明に起きる新月ということで、前日の9/9深夜から新月の影響が現れてきますね。

真向かいには魚座の海王星、そして60度セクスタイルの位置から蠍座木星による後押しが効いている新月。

魚座海王星、そして蠍座木星、ともに豊かな感情を際限なく押し広げる組み合わせです。

そして新月が起きる乙女座は奉仕やケアをつかさどる星座。

この乙女座新月のテーマは「奉仕と貢献」と言えますね。

この社会の中での自身の役割を見いだし、いかに貢献していくか?

そういった部分を意識していくことで、思いやりの循環が生まれ、良い影響があなた自身に還ってくるはずですよ。

9/11〜9/13まで、月は天秤座の位置に滞在。

天秤座は「人との関わり」や「パートナーシップ」をつかさどる星座。積極的に外に出て他者と交流する機会を作るといいでしょう。

ただし、天秤座は「平等」の星座ですから、ベタベタした馴れ合いの関係性を深めるのは逆効果になるので要注意。

さらにこの天秤座の月は山羊座の土星による90度スクエアの位置からのプレッシャーがかかっています。

山羊座の土星は社会的な基盤や義務、責任をあらわす星。自身のビジネスや仕事、社会的な活動につながるような交流を深められるといいですね。

9/13〜9/15まで、月は蠍座の位置に滞在。

月の真向かいには牡牛座の天王星。

そして両側90度スクエアの位置に獅子座のドラゴンヘッド(ノースノード)と水瓶座のドラゴンテイル(サウスノード)。

グランドクロスと呼ばれる非常にプレッシャーがきつくてハードな星の配置となります。

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座と、すべてガチガチの不動宮星座同士で形成される葛藤の十字架。

獅子座のドラゴンヘッド(ノースノード)と水瓶座のドラゴンテイル(サウスノード)は「過去世からのカルマ」をあらわします。

この日はあなたの過去の経験や人間関係、もしくは前世からの因縁が姿を表し、なんだかとてつもないプレッシャーをかけられ身動きが取れなくなる1日になるかも?

とんでもないことが起きても、まずは落ち着いてじっと様子を見るのがベストですよ!

こちらの記事もおすすめです











あなただけの月との暮らしをサポート
わたしだけのムーンガイド

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」。現在は、天秤座新月牡牛座満月のお申込を受付中です。詳しくはこちらをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA