占星術的新年、春分の日までにやっておきたいこと。

占星術 魚座 春分の日




3月21日は春分の日。西洋占星術では12星座のはじまりの星座、牡羊座に太陽が移動する日でもあります。(年によっては1日ズレますが)まさに占星術的新年とも言えますね。

スピリチュアル業界では春分の日を「宇宙元旦」と呼ぶこともあるみたいですよ。

春分の日まで残りはおよそ1ヶ月。占星術的新年に向けて、この1ヶ月の間にやっておきたいことを今回はご紹介します。

スポンサーリンク

占星術的新年、春分の日までにやっておきたいことは?

占星術的新年を迎えるまでにやっておきたいこと、それはずばり浄化です。

通常のお正月でも大晦日までに大掃除を済ませますよね。新しい年を迎えるにあたり、自分の中で不要になったものにはバッサリ見切りをつけ手放しておく。そうすることで新しい年にはふさわしいものや人との縁などが手に入りやすくなります。新しいものを取り込むためには、古い物を捨ててスペースを空ける必要があるのです。

春分の日までにやっておきたい浄化、部屋の掃除はもちろんのこと、心身の目に見えない穢れ(けがれ)を洗い流す新月のバスソルトも取り入れてみてください。魚座の対応アロマとなるメリッサやローズウッド、フランキンセンスなどの精油を用いてもいいですね。

最高の浄化力を宿す新月アロマ・バスソルトのつくりかた。新月の夜に是非!

2017.11.23

春分の日の4日前、3月17日には魚座の新月を迎えますので、このタイミングで新月バスソルトの浄化を取り入れられるといいと思います。

また、過去の経験や人間関係の断捨離にも取り組んでおきたいところです。

不要な縁を手放すメソッドは以下の記事を参考にしてみてくださいね。

水瓶座新月&部分日食の影響を活かす!過去を断ち切り、新しく生まれ変わる方法

2018.02.13

占星術的新年、春分の日を万全の状態で迎えるために、今から準備をしておきましょう。

こちらの記事もおすすめです