月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

来週の月もよう。7/7〜7/13【対話がはじまる天秤座上弦の月】

 
月もよう







この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

来週1週間の月の動きや配置が地球上に住む私たちにどのような影響を与えるのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

7/7〜7/13、来週の月は私たちにどんな影響を与える?どう過ごす??

7/6〜7/8まで、月は乙女座に滞在。

乙女座に月がある時期は、身の回りをいろいろと整えたくなってくるとき。

普段は「お片付け苦手なのよねー」なんて人も、この時期に整理整頓したい場所に手をつけはじめるといつもより捗りそう。

7月7日、七夕の日には月の真向かいに魚座の海王星。

海王星はあらゆる境界を取り払うカオス星です。

1年に1度だけ天の川を超えて会うことができる織姫と彦星のように、私たちも海王星のエネルギーを背に、何らかの境界を超えて会いたい人に会うことができるかも!?

 

7/8〜7/10まで、月は天秤座に滞在。

天秤座に月がある時期は、誰かと対話したくなるとき。

会いたい人に会ったり、誰かに伝えたかったことを伝えてみたりするような時期にしてみましょう。

気もちは外に向いていきますので、過去を振り返ったり内側をみつめるような作業には向いていません。

ただし、目の前にいる人の姿はあなた自身の姿を映す鏡でもあるということを忘れないで。

9日の19時55分には天秤座の位置で上弦の月を迎えます。

上弦の月は計画を具体的な行動にうつすターニングポイント。

人間関係とバランスの星座、天秤座でおきますから、あなたを取り巻く人間関係にちょっとした進展がみられるような日になるかもしれませんね。

上弦の月が起きる時、射手座の木星が月を60度セクスタイルの角度から後押ししています。

限りない可能性を押し広げるのが射手座の木星。

これまでは考えられなかったような新たな人脈を広げていくようなこともありそうです。

7/10〜7/13まで、月は蠍座に滞在。

月が蠍座にある時期は、ひとつの事に集中したくなってくるとき。

極端なほどに何かひとつの事に熱中し取り掛かってみましょう。

お掃除するなら一ヶ所を徹底的にキレイにしてみたり。

1冊の本をじっくり読み込んでみるのもいいですね!

11日には蟹座の太陽と月が120度トラインの角度で調和します。

感情と行動の折り合いが上手につけられる日。自分がやりたいことに取り組むことで気もちも豊かに満たされていくでしょう。

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。







関連記事



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.