2018年初詣は蟹座満月の日に行ってみてはいかがでしょう?【スーパームーン】

初日の出 2018




皆様、毎年初詣には行きますか?

12月31日の大みそかの夜から行く人もいれば、お正月三が日の昼間にゆっくり出かけてお参りする人もいるでしょう。

神社に参拝するときは願いごとの前にまず感謝を

初詣といえば願い事だよね!なんて、勢いよくお賽銭を投げてお願いごとだけして帰ってくる人もいますけど、ちょっとこれはNGかも。

まずお賽銭は「気持ちを込めてなるべく丁寧に」捧げます。

その後で「二礼二拍手一礼」をするかと思うのですが、この二拍手の後に、まずは自分の住所と名前を名乗りましょう。

どこの誰だかわからない人のお願いは神様だって困惑しちゃいますよね?

そして、

「昨年1年間はおかげさまでこんないい事があった年でした。」

「何事もなく家族みんなで幸せに暮らす事ができました」

「本当にありがとうございました。今年も1年またよろしくお願いします」

といった具合に、神様に1年の報告と感謝の気持ちを述べましょうね。

その後で今年叶えたいお願いごとを唱えるのです。

神社への参拝は、願掛けと同じくらいに願解き(がんほどき)も重要です。

自分が願ったことが成就した際には、可能であれば同じ神社、遠方でどうしても行くのが無理な場合は近くに在る同じご祭神を祀る神社に参拝し、報告と感謝ができるといいですね。

スポンサーリンク

2018年の初詣は1月2日がいい理由

ちょうど2018年の1月2日は蟹座の位置で満月を迎えます。

地球と月の距離が近くなるスーパームーン、しかも月の影響がもっとも強くなる蟹座の満月です。

満月の日は感謝をしましょう、ということを以前書きましたが…。

満月の日も願いごとをしていいの?伝える言葉がキーワード。【双子座満月】

2017.12.02

初詣もまた感謝のタイミング。

この絶好の日に感謝の気持ちを届けることで、よりスムーズな願望実現のサイクルが生まれるはずですよ。

蟹座は「家庭」をテーマに持つ星座なので、自分の生まれ育った場所の近くの神社に参拝するのもいいですね。

こちらの記事もおすすめです