来週の月もよう。4/1~4/7【新たな1年のサイクルに向けての総決算】

占星術




来週1週間の月の動きや配置が地球上に住む私たちにどのような影響を与えるのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

4/1~4/7、今週の月は私たちにどんな影響を与える?どう過ごす??

3/31に満月を迎え、ここからじわじわと4/16の牡羊座の新月に向けて月は欠けて行きます。

欠けていく月の時期は新しいサイクルに向けての浄化や断捨離、これまでの見直しや調整が行われる「清算」の期間でもあります。

特に次の新月は12星座のはじまりの星座、牡羊座で迎えるわけですから、今回の欠けていく月の時期は特に重要。

次の1年間のサイクルに向けての最終調整を行うべき時期なのです。

牡羊座の新月は12星座中もっとも重要な節目の新月と言っても過言ではありません。

新たな1年を万全の状態で迎える為に、まずは不要なものや感情は手放すこと。

牡羊座の新月以降のおよそ1年間の間に、自分が向かうべき方向を定めて行くのもいいでしょう。

4/2~4/4まで月は蠍座に滞在します。

特に4/3の15時半頃から4/4の午前10時半頃にかけて月が木星と重なっていますので(コンジャンクション)、何か大きな気持ちの揺らぎや変化を体験するかもしれません。

成長と拡大、発展を司る吉星、木星。

通常の状態であれば月と木星が重なる時間帯は「あらゆる喜ばしいことを一気に拡大できるマジックアワー」なのですが。

今の木星は逆行中。外側に向かって拡大していくのでなく過去や感情など内側を掘り下げていく影響がもたらされるのです。

4/4~4/7まで月は射手座に滞在。

射手座の時期は「目標を定めること」が何より重要です。

自分の目指す方向性が定まっていないとダラダラと何もせずに怠けがちに。

4/16の牡羊座の新月から始まる新しい1年に向けて、自分の目指すゴールをしっかり見据えて今やるべきことをやりましょう。

この貴重な清算の期間を無駄にしないようにしていきましょうね。

4/7に月は山羊座に移動します。

そして4/8の16:18には下弦の月を迎えます。ここが次の新月に向けてのラストスパートをかけるポイント。

特に現実主義の山羊座の位置に月がありますから、着実に次のサイクルに結果を残すための最終調整を行いましょう。

自分がやって来たことを振り返り、そして今後の対策を練るような「自分会議」の時間を設けてもいいでしょう。

こちらの記事もおすすめです