【12星座のパワーフード】天秤座満月に食べたいリンゴで作るバラの花カップケーキ

りんご バラ カップケーキ




2018年3月31日、本日21:37に天秤座の位置で満月を迎えます。

満月はカラダの吸収力がもっとも高まる日。特にその時の月が位置する星座に対応した食材を取り入れることで月のもたらすパワーも効果的に取り入れることができます。開運食材とも言えますね。

そこで今回は天秤座の満月を記念して「りんごで作るバラの花カップケーキ」の作り方をご紹介したいと思います。

天秤座のパワーフードとは?

今回満月を迎える天秤座、守護星は金星です。

金星(ヴィーナス)らしい華やかな食材が対応しています。

美をつくる果実、イチゴなどのベリー類やリンゴ、梨。

また麦やシリアル、アスパラガスなども天秤座に対応する食材です。

スポンサーリンク

りんごで作るバラの花カップケーキのつくりかた

材料
・りんご…1個
・ホットケーキミックス…150gくらい
・牛乳…ホットケーキミックスのレシピに合わせてください
・卵…1個
・ココナッツオイル…大さじ1くらい(バターでも可)
・レモン汁…少々
・お砂糖…小さじ2くらい

私はこちらのホットケーキミックスでつくりました。意外と甘さ控えめでおいしいです。
ホットケーキミックス りんご バラ

1.まずはリンゴをカットします。

1つのリンゴを縦に4等分して、中の種の部分を切り取った後、1〜2ミリ位の厚さで均等にスライスしていきます。
リンゴ バラ カップケーキ

厚すぎるとうまく巻けなくなるので注意。薄切り用スライサーを持っている場合は使うと便利ですね。

2.フライパンを熱し、ココナッツオイルを溶かしましょう。そこに薄切りしたリンゴを丁寧に並べていきます。
弱火でそのままじっくり温めます。
リンゴ バラ カップケーキ

時折フライ返しなどでひっくり返して、リンゴが柔らかくなるまで均等に火にかけます。
焦げたりスライスしたリンゴが折れたりしないよう、注意しましょう。

3.リンゴが柔らかくなってきたら、レモン汁とお砂糖を投入。
リンゴ カップケーキ バラ

砂糖の量は好みで調節してください。加熱するとリンゴは甘くなるので気もち少なめでいいと思います。

そのままリンゴをフライパンから取り出し、冷ましておきましょう。

4.リンゴを冷ましている間に、ホットケーキミックスで生地を用意します。
それぞれのホットケーキミックスの基本的な分量(ホットケーキ作る時の分量)に従って生地を作ればOKです。
今回は150gのホットケーキミックスに牛乳100mlと卵1個を加えて生地を作りました。

カップケーキ型の6分目くらいにまで生地を流し入れます。
ホットケーキミックス カップケーキ バラ
ちなみに、このカップケーキ型は100均(DAISO)で購入したもの。

5.リンゴでバラの形を作っていきます。

スライスしたリンゴを1枚、くるっとこんな感じで丸めます。これがバラの花の中心部分になります。
リンゴ バラ つくりかた

丸めたリンゴの端(合わせ目)部分にかぶせるように、新たなリンゴでくるっと包み込むように丸めてください。

こんな感じで置いて
リンゴ バラ カップケーキ

巻いていきます。
リンゴ バラ カップケーキ

6.この作業を繰り返し、バラの花がカップケーキ型より一回り小さいサイズになったら、そっと生地の上に置いていきましょう。
リンゴ バラ カップケーキ

型のなかでバラの花を少し広げたり、新しい薄切りリンゴで周りを覆ったりしてサイズを調整。

7.予熱したオーブンで180度で30分位焼いたら完成です。
リンゴ バラ カップケーキ つくりかた

中が生焼けになりやすいので、もし完全に焼けていない場合は生地の状態を見ながらもう少し低い温度で焼成し調節してください。

社交的で華やかな雰囲気に満ちた月☓天秤座のシーズンにぴったりのバラの花のカップケーキ。お花見に持っていってもいいですね。
りんご バラ カップケーキ

こちらの記事もおすすめです