月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

2月20日乙女座満月、感謝と振り返りの例文ヒント3つとおすすめアロマ3選をご紹介!

 
乙女座満月







この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。
2019年2月20日午前12時54分、乙女座で満月を迎えます。

今回の満月の星の影響や過ごし方、サビアンシンボルのメッセージについては「2019年2月20日はスーパームーンの乙女座満月!地に足をつけながら無限の夢を描く」の記事をご参考に☆

満月はこれまでの活動や思いが一定のピークに達するタイミングです。

特に今回の満月は、調整力に優れた乙女座の位置で起きる満月!月の真向かいには一斉浄化の魚座の太陽。

過去を振り返り、必要なものと不要なものを選別し、要らないものはキレイさっぱり感謝の念を込めながらさようならし、解放していくのにぴったりの満月と言えるでしょう。

今後、よりスムーズに理想の未来へ近づくために必要な清算期なのです。

この乙女座満月に効果的な満月の感謝と振り返りの例文ヒント、そして乙女座満月の影響をより効率的に取り込むためのおすすめアロマをご紹介します!

満月の感謝と振り返りとは?

新月に願いごとを書く人は多いと思いますが「満月は何をしたらいいのかわからない。」という声をよく耳にします。

満月というのはこれまでに蒔いた思いや行動の種から何らかの実りが得られるタイミングです。

そんなこと言ったって、まだ自分の夢や願いごとはかなってない!と思われる方もいるかもしれませんが...。

そうやって無いものに意識をフォーカスしてしまうと満月の収穫は得ることができません。

すでに自分の願いや夢が叶った前提で、先取り感謝をすることが鍵となります。

さらに、よーく自分の状況を見回してみれば、あなたはあらゆるサポートや幸せの種を周りの人々や環境から与えられているはず。

たとえば、宝くじで2000円が当たったとしましょう。

この経験を、「けっきょく2000円しか当たらなかった!」ととらえるのではなく、

「2000円も当てることができました!ありがとう!」と、感謝する。

こんな風に、どんな経験もポジティブにとらえていくことが満月の感謝のコツですよ。

乙女座満月の感謝と振り返り例文ヒント3つ

それではこの乙女座満月にピッタリの感謝と振り返りの例文ヒントをご紹介していきますね。

1.おかげさまで、私を悩ませている〇〇という問題が解決に向かい、キモチが明るくクリアになりました。ありがとうございます。

乙女座は、12星座でもっとも観察眼に優れた星座です。

冷静にじっくり周りの状況や自分のキモチを観察し、分析することで、あなた自身の悩みの種となっている根本的な原因が見えてくるはず。

いまのアナタの悩みはなんですか?

人間関係、お金の問題、家族の問題、もしくは身体的に抱えている問題や不調など、何でも構いません。

この乙女座満月にそれらを手放し解決した前提で、感謝を捧げてみましょう。

2.夢の実現に向けて、◯◯との関係性を断ち切ることができました。ありがとうございます。

乙女座は「ケア」や「治癒」をつかさどる星座でもあります。

あなたの心身を削り夢の実現を阻んでいるような、手放さなくてはならない習慣や活動、人間関係はありませんか?

健康な心を保つことで、より理想的な未来をまっすぐ見据え行動する活力が湧いてくるというもの。

この乙女座満月は、心身を癒やし健康になっていくための満月とも言えます。

あなたがやめたいと思っているものや関係性をイメージし、勇気をもって断ち切ることができたと感謝を捧げましょう。

3.私は、自身の〇〇という仕事(活動)において、実力を100%出し切り役割を果たすことができています。ありがとうございます。

乙女座は「役割」を示す星座でもあります。

周りの状況を察し、より望ましい環境にととのえるために自身の役割を見出し積極的にはたらく星座です。

ちなみに「はたらく」の語源は、「傍(はた)を楽にすること」。他者を楽にするために動くことです。

職場でも、家庭内でも、どんな場所でも構いません。

あなたが周りの人々をより楽にするために、どんな役割を果たすことができるでしょうか?

周りがよくなることで、あなた自身もより望ましい状態に整ってきますからね。

▲目次へ戻る

乙女座満月におすすめのアロマ3選

1.イランイラン

乙女座の満月のときは、いつもより神経が過敏になりがちになります。そんなときは、イランイランのアロマオイルを使ってみて。

心の内側にはたらきかける濃厚なフローラルの香りが、神経をほぐしてストレスを解消します。

不安な気持ちや過度な批判を手放すことができ、心穏やかに過ごすことができます。あるがままの自分を受け入れようというおおらかに気持ちももたらしてくれます。

2.ラベンダー

細かいことが気になりがちになってしまう乙女座の月の時期。鎮静作用が高いラベンダーのアロマオイルをたいて神経を落ち着けて

考えすぎて眠れない時や頭痛、胃痛、筋肉の疲れにもおすすめです。芳香浴もおすすめですが、キャリアオイル小さじ1杯に1滴のアロマオイルをまぜて、こめかみに塗って寝たり、痛みのある場所に塗布して使うのもいいですよ。

レスキューアロマとも呼ばれるラベンダーは1本持っておくととても便利です。ただし低血圧の人や妊娠初期の方は使用を避けてくださいね。

3.カルダモン

カレーやチャイに使用されるスパイスで有名なカルダモン。アロマオイルもあり、自分の内面を強くしたい時におすすめです。

ストレスを癒したいとき、無気力に苛まれているとき、スパイシーな甘さのあるカルダモンで芳香浴を。

温める作用があるため血液循環もよくなり、消化不良にも◎。アロマオイルが手元に無い人は、ホールのスパイスをミルクティーに入れたり、スパイスの皮を取り除き中の種子を食べてもいいですよ。

アロマオイルは妊娠初期は使用を避けてくださいね。

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

まとめ

2月20日の乙女座満月の日、じっくりとこれまでの感謝と振り返りを行いながら、身の回りやキモチの整理整頓をしていくといいですね。

また、今回ご紹介したアロマをつかって、空間を乙女座満月の影響を取り入れやすい状態に整えてみるのもいいですね。

▲目次へ戻る

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。







関連記事



Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.