月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

2019年10月蠍座新月!揺るがない真実を抱き新たな自分を見つける日に

 
蠍座新月, 願い事, サビアンシンボル







この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

2019年10月28日午後12時38分。蠍座で新月を迎えます。

破壊と再生の星、冥王星が支配する蠍座。そのつかさどる分野は「真実」「生と死」「融合」「受け継ぐこと」「たったひとつのもの」

もう何だか言葉だけでは言い尽くせないほどに、人間の根本的な部分に迫ってくるようなテーマを支配している星座です。だからこそ今回の新月は、桁外れの強大な力に満ちていると断言できるのです!

とりあえず、まずはその破壊力が半端ない。

NHKをぶっ壊ーす!!っという某政党のキャッチフレーズが先日の参議院選挙の時は話題に上がりましたが。

まぁ誰だって個人的にぶっ壊したいことのひとつやふたつやあるいはみっつくらい、あるでしょう。

モヤモヤした現状を打破したいだとか、自分のここの部分を変えていきたいとか、重荷となってる関係性を切り離したいだとか、あるいは目の前の壁をぶち壊したいだとか。

この10月の新月の日は、そんなあなたの破壊衝動を正しい方向に生かしていく事ができるタイミングなわけです。

もちろん、蠍座新月はただぶっ壊すだけではありません。

そこからさらに望ましい現実を生み出していく再生力も備わっていますからね。

今回の記事では、

◯10月蠍座新月が起きる瞬間のホロスコープチャートを使った星読み
◯サビアンシンボルの解説
◯新月の願い事のヒントとなるデクラレーション例文
◯オススメのアロマオイル

などなど。充実すぎる内容を極めてわかりやすくまとめてお伝えしていきます。

あなた自信に備わった破壊力をより向上させ望ましい未来を生み出すためのアドバイスとして、ぜひ活用していただきたい!!!

それではさっそく参りましょうー!!

蠍座新月の星の影響と過ごし方は?

以下の図は2019年10月28日に新月を迎える時のホロスコープチャートです。 このチャートをもとに、新月当日のムードや星からもたらされる影響、効果的な過ごし方やサビアンシンボルのメッセージをお届けします。

Newmoon in Scorpio

1.真向かいの天王星がひっくり返す現実

今回の新月のチャート、なーんだかアスペクトが少なくて、とってもシンプルで潔いムードに満ちてますね!

星同士の関わり合いが少ない分、それぞれの星たちの自己主張エネルギーが際立ってくると言えるわけですよ。

太陽と月は蠍座に。その真向かいに位置するのは自由と革命の星、天王星。

冥王星ほどの極端すぎる変容のエネルギーではないものの、この天王星も古くなった常識をぶっ壊して新たな価値観を創造していく星ですよ!

太陽と月が滞在している蠍座、そして天王星が滞在している牡牛座。

この2つの星座の共通点は、「所有すること」や「価値あるもの」です。

牡牛座が物質的な持ち物や自分の腕で稼ぐ富をつかさどるとしたら、蠍座は精神的な共有や融合、依存、そして他者から受け継ぐ価値あるものをつかさどっています。

この蠍座新月では、あなたの「所有」や「富」の概念がくるりとひっくり返されるような衝撃的なことが起きてくるかも?

何かちょっとした出来事をきっかけに、自分が何に依存して何に執着しているのかがクリアに見えてくる可能性もあります。

それは実際のお金や物なのかもしれないし、あるいはあなたのステータスや心の拠り所、信頼を寄せている誰か、なのかもしれません。

執着心は悪いことではありません。何かに取り憑かれたように没頭する力は、夢を叶える持続力や精神力とも言い換えることができますから。

あなたがもし、自分の執着心、依存心に気づいたなら、それをプラスの方向に活かしていく意識のポジティブな切り替えと準備を始めていきましょう。

2.第9ハウス天頂近くで起きる新月。崇高なヴィジョンへ足を踏み出す時。

これは日本限定のお話になりますが、今回の新月は「探求」や「冒険」をつかさどる第9ハウスで起きます。

9ハウスは「哲学」や「真理」、「高等教育」の部屋とも言われていますね。

まだ見ぬ世界へ勇気を持って踏み出すこと。

そして、まったく新しい世界を開拓すること。

他人の意見や世間の常識を鵜呑みにすることなく、自分にとっての真実を徹底的に追求していきましょう。

あなたが理想とする世界は、どんな世界ですか?

もっともっと追及していきたい分野、研究を深めていきたいことはありますか?

今回の新月は、ちょうどお昼頃に起きますから、太陽が天頂近くにいる時間帯です。

自分自身がこの社会の中で見せる姿にさらなる光を当てていくことができる時、とも言えます。

理想的な、真の意味での社会人としての自分。可能な限り具体的にイメージしてみるといいですね!

3.冥王星と土星の合。変化の衝動は勢いに乗っていく。

来年、2020年は土星、冥王星、そして木星が山羊座に滞在し近づいてくるトリプル・コンジャンクションの年です。

トリプル・コンジャンクションに何が起きるのか?

それは実際に2020年になってみないと具体的なことはわかりませんが、とりあえず「既製の概念はひっくり返され、新たな価値観が創造され、そして人々はまったく新しい未来のヴィジョンを抱くようになってくる」と言えるでしょう。

まだまだ木星は射手座に滞在中ですが、土星と冥王星が約5°差でコンジャンクションの2019年10月。トリプルコンジャンクションの序章はもうすでに始まっているのです。

さらに今回の新月が起きる日は、能動的なエネルギーをつかさどる火星が冥王星&土星コンビにより90度スクエアの角度からプレッシャーをかけられてます。

私たちを取り巻く変化の勢いは、堰(せき)を切ったように加速していくでしょう。

アクセルとブレーキを同時にかけているような感覚。もう暴力的と言っても過言でないほどの変化の勢いに満ちた日になることが予想されます。

大切なのは、「確固たる自分の信念を持つ事。

あなたがどんな変化を今に望んでいるのか?

どのような自分になっていきたいのか?

そこをしっかりと意識しておかないと、この荒ぶる変化の波にただ飲み込まれて終わり、という事にもなりかねませんから注意しておきましょう!

 

蠍座新月のサビアンシンボルは

1.月と太陽のサビアンシンボルは「大きな岩場の海岸」

蠍座 第1グループ:相手と自分の人格の殻を打ち破って他者と交流する

今回、新月が起こるのは、蠍座の5度(数え度数)。6つにわけられたグループの第1グループの最後の度数です。

天秤座でたくさんの人々と関わっていたときは、人々と自分の間には、ある程度の距離が存在していました。その段階を経て、蠍座に入り、今度は特定の相手ともっと深く関わっていこうとします。

蠍座は、「感情の深いつながり」「変容」「追求」「性」「情念」などをつかさどるサインです。対象物と深く交わり、内面の奥深い部分での繋がりを追い求めていきます。

第1グループでは、まずこの蠍座らしさを行動に移していきます。

この蠍座新月のサビアンシンボル蠍座5度「大きな岩場の海岸」です。

蠍座の1度では同じ感動をそこにいるみんなとともにし、2度では自分をオープンにし、対象の人物と交流します。
3度では、仲間と一緒に何かを作り上げるという作業を通して仲間たちと親密な関係を築き、4度ではもっと深いところで親しい人と交流を深めていきます。

これが5度に至るまでのプロセスです。

それでは、このプロセスを経て迎える蠍座5度のサビアンシンボルからのメッセージを読み解いて行きましょう!

2.サビアンシンボル「大きな岩場の海岸」から受け取るメッセージ

蠍座の新月のサビアンシンボルは、第1グループの最後の度数である5度。

第1グループは、そのサインらしさを純粋に出していく段階であり、その最後の度数であるということは、第1グループでの結論がここで出されます。

次の第2グループでは、第1グループでの結論を持って、サインの内側の部分、感受性や考え方などを育んでいく段階に入ります。

蠍座5度「大きな岩場の海岸」というサビアンシンボルにある「海岸」について考えてみましょう。

蠍座は水の星座であり、水のエレメントは「感情」を司ります。この海岸に打ち寄せる波は、感情の波なのかもしれませんね。

そして、感情の波を受けるのが砂浜ではなく「岩場」であることもポイントです。

「岩」は、言わずもがなですが…、とても頑丈でゴツゴツしていて硬いものです。ここに波が打ち寄せたとしても、岩は変わることなくそこにあり続けることがあるでしょう。

いろんな人達と感動を共有したり、自分をオープンにして交流したりして、蠍座らしい人との深いつながりを経験してきた後で、この度数では、どんなに気持ちがあったとしても、すべてが思い通りに行くものではないということに気づくのです。

例えば、どんなに大好きでこれ以上ないほど運命を感じている相手がいて結婚をしたとします。

内側にはそれぞれの「譲れないこと」や「確固たる思い」があり、それは、これまでの人生の中で経験してきたことであり、簡単に変えられるものではありません。

その「譲れないこと」は、相手だけではなく自分の中にもあるものであり、運命を感じて結婚したとしても、そのお互いの「譲れない」部分をどうやって折り合いをつけていくかが夫婦生活での課題でもあります。

または、そういう個人的なことを超えたもの…相手の両親や家族のことで自分にはどうしようもできないことがあったりもしますよね。

これが、このサビアンシンボルの「岩場」なのです。

どんなに自分の気持があったとしても、変わらない岩場=現実がそこにあることを、私たちはこの度数で知ることになります。

よく、天秤座は恋愛関係、蠍座は夫婦生活だと言われます。楽しいだけの恋愛とは違い、結婚後はひとつの家族となり交わりながら生活をしていきます。

それは表からは見えない部分でもありますよね。

結婚生活で例えましたが、これは、結婚生活に限らず、誰かと深く関わろうとするときに少なからず出てくるものでもあります。

この度数は、簡単に変えようとしても変わらない現実に気づくという度数ですので、もしかしたら挫折してしまうこともあるのかもしれません。

しかし!硬い岩でも、長い長い時間をかけて波により形を変えていきますよね。

「自分の信念を持つこと、そして諦めないこと」

この度数のサビアンシンボルは、これを私たちに伝えているようですよ。

蠍座新月, 橋杭岩

 

3.おすすめアクション。キーワードは「確固たる信念を持ち、取り組んでいく」

サビアンシンボルからのメッセージで、どんなに自分の気持ちがあっても、どんなに自分が頑張ったとしても、どうしようもならないことがあるということをお伝えしました。

この新月は、改革の星天王星が真向かいに位置し、私たちに革新のエネルギーを注いでいます。

そして蠍座の支配星である冥王星と火星がスクエアとなり、冥王星には土星が重なり、自分がそこにとどまっていたいと思っていようとも暴力的とも言える変化が加速される可能性もあります。

現実の壁がどんなに分厚く感じられても、ここで必要なことは、自分の信念をしっかりと持ち、長い時間をかけてでも取り組んでいくことです。

いま起こっていること、そしてこれからやりたいと意図することが、無理かもしれないと思うようなことであっても、へこたれてはいけませんよ!

大きな岩も長い時間をかければ、形を変えることができるのです。焦らずに一歩一歩、進んでいきましょう!

この蠍座新月で意図したことは、あなたの心のお守りになるはずです。

2019年10月、蠍座新月の願い事。どんなことを書く?

今回の新月は12星座中の8番目の星座、蠍座の位置で起きます。

ひとつ前の星座、天秤座は「カジュアルなパートナーシップ」や「対人関係」がテーマでした。

風の星座らしい爽やかなムードに包まれてましたね!

ところが、この水の不動宮の星座、蠍座に入ってくると一気にドロドロな人間らしいムードが漂ってきます。

人には見せないたったひとりの人との関係性。

隠された真実。

普段は影を潜めている本能や欲望。(性に対する欲とかね!)

そういった他人には簡単に明かすことができないような自分自身の願望や欲求を願うのが蠍座新月の大きなテーマと言えるでしょう。

そして、新月の願い事(デクラレーション)の書き方についてもここで触れておきましょう。

新月の願い事の書き方についてはあらゆる情報が飛び交っていますが、根拠のないルールに縛られなくてもOK。自分のやりやすい方法を取り入れましょう。

新月の願い事の書き方、徹底解剖「これでいいの!?」に答えます!」の記事で詳しく解説してますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

10月蠍座新月の願い事。3つのデクラレーション例文

1. 私は、◯◯(名前)というソウルメイトと心の深い部分でつながり、唯一無二の関係性を築くことができます。

蠍座新月の醍醐味、それはなんといっても「ソウルメイト」との絆をより深めるような願い事が最大限の効果を発揮してくれること!!

あなたには、「この人と私はきっと、前世でもつながっていたんだろうな。」「この人は私にとっての運命の相手に違いない」と思えるような人はいますか?

運命の相手、いわゆるソウルメイトというと恋人や結婚相手を想像しますよね。

でも、自分と運命を共にする相手であれば、恋愛パートナー以外の自分の家族や子ども、もしくは仕事上のパートナーでもいいのです。

あなたが深い部分でつながり、死を迎えるまでずっと運命を共にしていきたいと思えるような相手。そんなソウルメイトとのより望ましい関係性をここで具体的に想像してみましょう。

その絆は深ければ深いほどに、あなたの願いの実現力になってくれるでしょう。

そんな相手が思い浮かばない!という方は、「どんな相手が自分のソウルメイトとして理想的か」といった内容を具体的に書いてみるといいですね!

2.私は、◯◯という自分自身の夢や目標、願い事を叶えるため、信頼できる人から最高のギフトを受け継ぐことができます。

蠍座の大きなテーマに、「価値あるものを受け継ぐ」というものがあります。

もっと簡単に言えば、「他人からもらえる金とか財」。

他人と言ってもまったく見ず知らずの赤の他人ではなく、もんのすごい信頼関係で結ばれた相手のこと。

一体誰からいつ何をもらえるかなんて想像もつかないでしょうから、「自分自身の夢や目標を叶えるために有効な何かを得られる!」と意識して願い事を書いておくといいでしょう。

そして、願うだけでなく、「深い絆でつながった人々を裏切らない」、「さらに信頼関係を深める」、などの行動や態度も忘れずに。

あなたが最高のギフトを受け継ぐことができるかどうかは、あなたの深い愛と信頼、誠実な態度が鍵を握ってますよ!

3. 私は、◯◯という未来のビジョンを実現するような最高の自分に生まれ変わるために、◯◯という課題や障害をここで手放します。

蠍座は、転生や再生の星座と言われています。

蠍は第一形態で、第二形態はイーグル、そして最終形態は灰の中からよみがえるフェニックス(不死鳥)という説もあり。

あなたは自分の内側、もしくは外側に、手放したい部分はありますか?

ここはこういう風に変えていきたい。そう強く願うポイントを可能な限り具体的に書いてみましょう。

まったく違う自分に生まれ変わることを想像するのもいいですし、あるいは嫌だと思っている部分だけをガラリと変化させるような内容で書いてみるのもいいでしょう。

10月の蠍座新月におすすめのアロマオイル3選

それでは、今回の蠍座新月におすすめのアロマオイルをご紹介します!

どの精油も、妊娠中の方や授乳中の方は使わない方がいい場合がありますので、当てはまる方はよく調べた上でのご使用をお願いします。

1.メリッサ

メリッサは、蠍座の代表的なアロマオイルです。

レモンのような爽やかな香りのアロマオイルは、ふさぎ込んだ心を開放し、明るく活力を取り戻す手伝いをしてくれます。

緊張からくるストレスやヒステリックな感情を協力に鎮静させ、内面から元気にさせてくれる精油です。

ショックなことがあって精神的に疲れてしまったとき、感情のバランスが取れなくなってしまったときやイライラしてしまうときに特におすすめですよ。

妊娠中の方は使用を避けてくださいね。

 

2.パチュリー

次にご紹介するのは、パチュリー。パチュリーとは、インドのタミル語で「緑の葉」を意味します。インドでは昔から虫除けに使われていた香りで、お香などで今も人気のある香りです。

オリエンタルでエキゾチックな重めの香りなので、苦手な人もいるかもしれませんが、少量を使うようにしてローズなどとブレンドして使うのもおすすめです。

パチュリーは、今回の新月のように動きたくても動けないと頭でばかり考えすぎてしまうような時に特におすすめ。頭と体をつなげ、行動を促してくれる香りですよ。

緊張や不安を和らげてくれる香りでもありますので、この新月の影響で不安感を感じる方に特におすすめしたい精油です。

妊娠中の方、特に妊娠初期の方は、使用を避けてくださいね。

 

3.バジル

最後にご紹介するのは、バジルです。今回の新月に真向かいから革新のエネルギーを注ぐ天王星の影響が、ネガティブに働いてしまい、憂鬱な気持ちになったときにおすすめの精油です。

バジルはとにかく精神的な疲れに有効です。

サビアンシンボルの「信念を持つ!」というおすすめアクションを実行するためには、決断力と確固たる自信が必要になってきますよね。

頭の中をクリアにし、スムーズな決断をサポートしてくれます。

妊娠中、授乳中の方は使用を避けてくださいね。

 

部屋の芳香に使う場合、特に寝室などでたく場合は、火を使わないアロマディフューザーがおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ

黒で埋め尽くされたオセロを一手でバババッっと真っ白に塗り替える!!この蠍座新月の力を利用すればそんなことも可能なわけです。

どうしてもここだけは変えたい!変わりたい!!そんなあなたの変化への渇望が鍵となります。

変わることを望む思いが強ければ強いほど、この極端な変容をつかさどる蠍座新月の影響を最大限に活かしていくことができますからね!

さらに耳寄りなお知らせです!

この蠍座新月当日の朝に2種類のnoteの記事を公開していますよー!

◯Life with the moonのnote一覧はコチラ

Life with the moonのnoteでは、毎回新月当日の朝に2種の記事を公開してます。

ひとつは、◯12星座別の新月からおよそ1ヶ月の過ごし方ヒントをお届けっ!「12星座別ムーンガイド

もうひとつは、◯新月が起きる星座のチカラを借り自分を理解するためのワーク「わたしみつかる12か月

 牡羊座, 占い, ムーンガイド

12星座別ムーンガイド、そして「わたしみつかる12ヶ月」、両方とも継続して意識していくことでジワジワと月のサイクルと自分自身を取り巻く流れがリンクしていく感覚がわかる記事です。

noteの蠍座新月記事も公開!(無料です)

「12星座別ムーンガイド」の方は、月額マガジン(450円/月)として定期購読もできます。クレジットカード決済で初月無料です。ご興味のあるかたはぜひ申し込んでみてくださいね☆

あなたの月によりそうライフをサポートする鑑定、個別の過ごし方や新月の願いごとの例文をお届けする「わたしだけのムーンガイド」も絶賛お申込み受付中です!

今は11月に迎える射手座新月と12月の双子座満月の鑑定の申し込みを受け付け中。締切は11月12日の牡牛座満月の日です。

新月 願いごと

今回のムーンガイドの詳細はコチラの記事を参考にしてくださいね☆

さらにもうひとつ。

10月1日から新しい鑑定「心をみつめるひと月。ルナリターン鑑定」も好評受付中ですよー☆

Life with the moonのルナリターン鑑定は、ただ1ヶ月の運勢を占うような内容ではありません。

ひと月の自分の内面の動きを意識する事で、自然の流れによりスムーズに乗っていけるような内容となっています。ぜひこちらも、あなたの月によりそうLifeの有効なメソッドとして活用してくださいね!

それでは皆様、最高の新月の日をお迎えください。

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。










関連記事



Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.