月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

2019年1月21日獅子座満月。内側からわき出す欲求をドラマティックに表現する

 
獅子座満月







この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

2019年1月21日、14時16分に獅子座の位置で今年はじめての満月を迎えます。

日本では残念ながら観測できませんが、皆既月食をともなう満月でもあり、極めてスペシャルな出来事を期待できそうな満月の日になりそうですね!

獅子座は太陽を支配星にもつ「自己主張」の星座。

中心で強大な光を放ち他の星たちを照らす太陽のように、あなたが自身の人生というストーリーの主役である自分を意識すべきタイミングと言えます。

この1月の満月の日の星の影響や過ごし方、サビアンシンボルや効果的な感謝の例文をお伝えします!

 

獅子座満月の星の影響は?

こちらが、1月21日に獅子座で満月が起きる瞬間のホロスコープチャートです。

獅子座満月

1.自分らしく生きるために手放すものは

冒頭でも書きましたが、獅子座は「主役」の星座。

あなた自身が堂々と光り輝き自分らしさを主張するタイミングでもあります。

そして、今回は獅子座のちょうど始まりの0度の位置でおきる満月です。あなたが「自分らしさ」について気づき始める時にあたります。

自分らしく光り輝き出すために、重荷となっているしがらみや余計なものをすべて手放す時と言えるでしょう。

まずは、「自分らしさ」を構成するすべての物事を具体的に書き出してみるといいですね。

あなたは何をしているときが一番自分らしいと感じますか?

どのような振る舞いが自分らしいですか?

そして、どのような髪型やファッションが自分らしいと思いますか?

あなた自身が思う、「自分らしさ」を明確に意識しましょう。

ここでは他者からみた「あなたらしさ」は気にしなくていいですよ。獅子座は主観の星座ですから。

その上で、自分らしくないと判断したものはすべて、この満月の日に手放すことができるといいですね。

2.自身の財産と呼べる能力や経験を振り返って

今回の満月は所有のステージである第2ハウスで起きる満月です。

第2ハウスは目に見える物質やお金をつかさどりますが、同時にあなた自身がこれまで培ってきた経験や能力も含まれます。

あなたがこの世界で堂々と生き抜いていく上で、武器となるような知識や経験、能力は何でしょう?

この獅子座満月のタイミングで「自身の財産と呼べる能力や経験」を振り返ることで、さらにあなたはその武器を活かしてこの世界で光り輝いていくことができるようになるでしょう。

第2ハウスは「自分の腕で稼ぐお金」の部屋でもありますから、これまであなたが稼いできたお金や、そのお金で獲得できたものを振り返り感謝してみるのもいいですよ。

3.背中を押されるように変革の渦に巻き込まれる

今回の満月が起きる瞬間、獅子座の月に牡羊座の天王星が90度スクエアの角度(アスペクト)からプレッシャーを与えていますね。

天王星は自由と革命をつかさどる星です。

あなたの内側に、とにかく現状を変えなければ!という焦りが生まれるかもしれません。

満月の光は、普段は秘めている感情が一気に表に現れてくるタイミングでもあります。(満月の夜に犯罪が多いという話も、人々の本性が現れやすいからかもしれません。)

あなたがずっと秘めていた変化の欲求にハッと気がつくこともあるかもしれませんね。

4.あなたが今世で果たすべき使命は?

先日1月6日の山羊座新月のときも「山羊座の新月は部分日食。どこで見られる?その影響は?」の記事で解説しましたが、日食や月食が起きるタイミングはドラゴンヘッド&ドラゴンテイルの近くで起きる新月、満月です。

今回の獅子座満月は皆既月食をともなう満月であり、蟹座のドラゴンヘッド(ノースノード)と月が4度差で重なっています。

ドラゴンヘッドはあなたが今生で果たすべき使命、乗り越えるべき課題を示しています。

ご自身が生まれ持った使命、今生での役割をあらためて認識するような出来事が起きてくるかもしれませんね。

この満月前後には、あなたの過去世からの縁がもたらす象徴的な出来事や出会いも期待できますよ。

▲目次へ戻る

獅子座満月のサビアンシンボルは?

1.月は獅子座1度に。サビアンシンボルは「脳卒中の症例」

  • 獅子座第1グループ:内面の火のような活力が爆発する

牡羊座から魚座までの12サインは、魂の成長を表しています。成長の旅を続ける魂は、獅子座の前の蟹座で、集団意識と共感力を学びます。

蟹座は集団の中で共通認識のもとに他者へ気を配り行動してきました。自分自身がやりたいことよりも、共通認識を優先させてきていますので、内側には自分の欲求を蓄えています。

そしてサビアンシンボルの獅子座1度では、その内側に貯め込んだ欲求が爆発し、熱いマグマのように噴き出すのです。

反対側にある太陽は、水瓶座の1度「古いレンガ造りの伝導所」です。こちらも1つ前の山羊座で集団に属し、社会の役に立つことを行って来ました。

その後の水瓶座で、その集団=古い体制から離れ、さらなる理想へ近づくために新しい世界へ移行しようとします。

2.サビアンシンボルからのメッセージ

月、太陽のサビアンシンボルからは、集団から出て個のクリエティビティを発揮していく様子を受け取ることができます。

1度というサインの一番最初の度数ですから、そのクリエイティビティはかなり衝動的です。獅子座は火の星座ですから情熱的でもあります。

今回の満月は、ノード軸(ドラゴンヘッドとドラゴンテイル)の近くで起きる皆既月食です。月の横にあるドラゴンヘッドは蟹座にあり、獅子座の月に大きな影響を与えています。

この獅子座の月のクリエイティビティは、周りにいる多くの人々を惹きつけるパワフルなものとなるでしょう。この月食を伴う満月がターニングポイントになる人もいるかもしれませんね。

3.おすすめアクション。キーワードは「抗えないほど惹きつけられるもの」

どうしてか理由はわからないけれど、惹きつけられてやまないものはなんでしょうか。この獅子座満月が、それを見つめるよう促しているようです。

普遍的な真理を探し出そうとする水瓶座の太陽と、自分を表現したいという気持ちに抵抗できない獅子座の月。このただでさえドラマティックな獅子座の満月に、プレッシャーを与えている天王星。

この満月では、あなたが心の底から表現し、社会へ向けて伝えたいことをじっくりと考えてみてください。これまで掲げてきた人生の目標を見直すのもいいでしょう。

抗えないほどの衝動を持った獅子座の月ですから、その自己表現が他者への押しつけにならないように注意してくださいね。

▲目次へ戻る

2019年獅子座満月に効果的な感謝と振り返りの例文をご紹介!!

満月は感謝と振り返りのタイミングです。

これまでの経験や活動を肯定的に振り返り、過去のあらゆる物事や出会ってきた人々に感謝を捧げましょう。

1.私は自身の◯◯といったような魅力や才能をこの世界で思いっきり発揮し認められています。ありがとうございます。

私って、こんな魅力があるの。こんな才能があるの。

なんて、他人に言うと嫌われそうなものですが。

この獅子座満月では自分の魅力や才能を認めて自分で自分を思いっきりほめてあげましょう!(他人にわざわざ言う必要はありませんが)

そして、他人と比べる必要もありませんよ。あの人に比べたら、私なんてまだまだ...なんて思う必要もないのです。

自分が思う自分自身の魅力や才能は何でしょう?

謙虚さも遠慮も獅子座の満月には不要です!なんたって獅子座は王様の星座なのですから。

自分自身を全力で肯定してあげてくださいね。

2.おかげさまで私は〇〇といった活動(仕事)を通してワクワクするクリエイティブな人生を歩むことができています。ありがとうございます。

獅子座らしいキーワードは、クリエイティブ、ワクワク、ドラマティック!など。

自分らしい生活や活動を楽しんでいるキラキラした自分を振り返ってみましょう。

最近楽しいことなんてないな。自分らしいクリエイティブな活動なんてしてないな。

なんて思わないでくださいね。

満月の感謝と振り返りにおいて大切なのは、「過去を肯定的に振り返ること」なのですから。

あなたの今までの活動や経験において、ワクワクしたことや楽しかったことを単純に振り返ってみてください。

その経験のなかに、あなたがこの先もさらに自分らしく輝いていけるヒントが隠されているはずですよ。

3.私は堂々と自身を持って◯◯というゴール(目標、夢)に向かうことができています。ありがとうございます。

獅子座は王様の星座。後ろ向きな態度や考えはNGです。

周りに遠慮することもありません。

まずは、この満月においても、あなた自身の夢や目標をハッキリと明確に意識しましょう

新月に願いごとやアファメーションを書いていれば、それを読み返してみるのもいいでしょう。

そして、これまでその願いごとや目標を叶えるために、あなたが起こしてきたアクションや行動について振り返ってみてください。

同時に、あなたの夢や目標を応援しサポートしてくれている人々や環境に感謝を捧げるのも忘れないでくださいね。

▲目次へ戻る

まとめ

今回の満月は月食をともなうスーパームーンであり、今年初めての満月であるウルフムーン。皆既月食で月が赤く見えることからブラッドムーンとも呼ばれています。

月食の様子は、こちらでライブストリームが見られるようですので観察しながら、皆既月食のパワーを受け取るのもいいですね(便利な時代です)。

月食は日本では観測できないものの、冬の澄んだ夜空に大きくてキレイな満月が見られそうです(お天気が良ければ)。

2019年を最高の年にするために、今回ご紹介した星の影響やサビアンシンボル、感謝と振り返りの例文を活用してみてくださいね☆

当サイトLife with the moonが提供している、個別の新月と満月の影響を知り願いごとに活かす鑑定「わたしだけのムーンガイド」もぜひご利用ください。

※今は2019年2月の水瓶座新月&乙女座満月の鑑定をお申込み受付中、締切は1月21日獅子座満月の日です。

それでは皆様、ワクワクした気もちで獅子座の満月を迎えていきましょう!

▲目次へ戻る

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。










関連記事



Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.