来週の月もよう。7/15~7/21【一点集中型のアクションがツキを呼び込む】

月もよう




来週1週間の月の動きや配置が地球上に住む私たちにどのような影響を与えるのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

7/15~7/21、来週の月は私たちにどんな影響を与える?どう過ごす??

7/14〜7/16まで月は獅子座に滞在。

7/15に月は水星とピタリ重なります。
水星は言葉や伝達をつかさどる星。そして獅子座は自己主張の星座。
自分の思いや自分自身の抱えている感情、内面を積極的に外に向かって発信していきたくなるかもしれませんね。

普段自分の気もちを外に出しづらい人は、この獅子座月と水星が重なるタイミングで本音を打ち明けてもいいでしょう。

7/16〜7/18まで月は乙女座に滞在。

乙女座に月がある時期は奉仕や献身の心に火が灯ります。普段は気にならないような事が妙に目につく様になって、人や周りのお世話をしたくなってくるんですね。

特に7/17は乙女座の月の真向かいに、魚座の海王星。魚座も海王星もともに過剰すぎるほどの癒やしやヒーリングの作用をもたらす星&星座です。

この日は積極的に他者や周りのお世話に務めてみるのも良さそう。ボランティア活動や募金などもいいでしょう。

7/18〜7/20まで月は天秤座に滞在。

天秤座に月がある時期は、人と積極的に交流したくなってくるタイミングです。

獅子座の水星からの後押しが効いているので、普段よりも自分の言いたいことをハッキリ他者に言えるようになりそうですね。ただし、山羊座に位置する破壊と再生の帝王、冥王星からのツッコミも入っています。

冥王星の影響は極端な形で表れます。本音をストレートに口に出しすぎて衝突を招かないように注意しましょう。

7/20、AM4:52に天秤座の位置で上弦の月を迎えます。

上弦の月のタイミングは、ギアを入れ替えて積極的に自分の夢や願望の実現に向けて行動を起こしていくときです。

新月に書いた願いごとや目標などを改めて見直し、自分が今何をすべきかを明確に意識してみましょう。

蟹座の太陽からのプレッシャーがかかってますから、外側にばかり目を向けず、自身の基本的な部分をしっかり整えることも忘れないでくださいね。

7/20〜7/22まで月は蠍座に滞在。

蠍座に月がある時期はとにかく集中力が高まるタイミングです。
拡大と発展の吉星、木星とピタリ重なり、さらに魚座海王星、乙女座金星からのサポートや後押しも効いて絶好調。

この時期はあれこれ手をつけずに何かひとつの物事にコミットしましょう。そんな一点集中型の姿勢が星たちの後押しにより一気に拡大と発展の方向に向かうはずですよ。

こちらの記事もおすすめです











あなただけの月との暮らしをサポート
わたしだけのムーンガイド

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」。現在は、獅子座新月魚座満月のお申込を受付中です。詳しくはこちらをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA