月をより近くに感じられる時、スーパームーン




スーパームーンという言葉を聞いたことある方も多いことと思います。
ウルトラスーパームーン、エクストラスーパームーンなんていう、なんだか強そうな名前もあります。

スーパームーンとはどんな月なのでしょうか。
ふと空を見上げて「なんだか今日の月は大きいなぁ」と思ったら、それはスーパームーンかもしれません。

スーパームーンってどんな月?

スーパームーンは、天文学的には Perigee full moon(近地点の満月)とも呼ばれます。
月が、もっとも地球に近い地点に位置することを意味します。

地球の周りを回っている月の軌道は、正円ではなく楕円なので、地球との距離が一定ではありません。

地球と月の平均距離は、約38km
月が、もっとも地球に近い時は約35km、逆にもっとも地球から遠い時は約40km離れています。

イメージとしてはこんな感じです。

地球にもっとも月が近づくのは、だいたい年に1回ですが、年に数回近づくこともあります。

スーパームーンは、遠い地点に月があるときの満月と比べて、
直径が14%大きく、明るさも30%明るく見えるそうです。

ちなみに、地球と月の距離がもっとも短い時は、満月だけではなく、新月の時もあります。
新月は見えないため、鑑賞できる満月のスーパームーンが認知されていったのでしょう。

さらにスーパーなスーパームーン!

月が最接近している時が、満月きっかりの時間とは限りません。

月の最接近から前後1時間に、新月または満月が起こることを、
エクストラスーパームーン(またはエクストリームスーパームーン)と呼ぶことがあります。
満月のエクストラスーパームーンは、およそ18年に一度観測できます。

2016年の11月のスーパームーンは、地球にもっとも月が近づいたスーパームーンでした。
1948年以来68年ぶりの大接近とあって、
超スーパームーン、ウルトラスーパームーンと呼ばれ、話題となりましたが、
当日は、お天気がいまいちなところもあって、
見ることができた場所とそうでない場所があったようです。

スーパームーンの時は不吉なことが起こる!?

スーパームーンの時、自然災害や暴動など、不吉なことが起きると言われたりします。

これらには科学的根拠はないようですが、月の引力の関係で、
潮汐力(潮の満ち干をおこす力)の高まる時期は、巨大地震が起きる確率があがることが
過去1万件のデータよりわかっているようです。

スポンサーリンク

2017年、2018年のスーパームーンはいつ?

2017年はシャイムーンイヤーと言って、
スーパームーンは観測されないと言われていましたが、
2016年ほど大接近はしないものの、地球と月の距離が短い時はあります。

2017年のスーパームーンは、124日です。
満月になる時間は3日から日付が変わってまもなくの午前047分。
この時間を逃したら、日没後、もう一度空を眺めてみてください。
感動的な月を見ることができるはずですよ。

出典:国立天文台(NAOJ)

そして約1カ月後の201812日に、再びスーパームーンを見ることができます。
1月末には、ブルームーン(同じ月内の二度目の満月)もやってきます。

年明け早々、素敵な月との時間が待ってますね。
夜空を眺めて、大きな月の光をたくさん浴びましょう!

こちらの記事もおすすめです











あなただけの月との暮らしをサポート
わたしだけのムーンガイド

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」。現在は、天秤座新月牡牛座満月のお申込を受付中です。詳しくはこちらをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA