月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

2019年3月21日天秤座満月。最高の宇宙元旦に決定的な自己改革を迎えるタイミング

 
天秤座満月
この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

2019年3月21日、午前10時43分に天秤座0度の位置で満月を迎えます。

この日は太陽が12星座をぐるりと一周し、再びはじまりの牡羊座の位置に戻ってくる宇宙元旦と呼ばれる春分の日でもあり、星の新年とも呼べる日なのです。

そんな新たな年のはじまりに最高の華を添えてくれるのが今回の天秤座満月!

天秤座は「バランス」「対人関係」「完全無欠の一点」をつかさどる星座。愛と美の星、金星を支配星にもつ華やかなムードに包まれた星座でもありますよ。

あなたを取り巻く人々との関係性がより望ましい方向に向かい、自然と理想の未来にぐぐぐっと近づくことができるタイミングと言えますね。

3月21日、この宇宙元旦と天秤座満月が重なるスペクタクルな日の星の影響と効果的な過ごし方についてお伝えしていきます☆

3月の天秤座満月の星の影響と過ごし方

こちらが、今回の天秤座満月が起きる瞬間のホロスコープチャートです。天秤座0度の月に、牡羊座に入りたてのフレッシュな太陽が真向かいから光を当ててますね☆

 

1.火星とサウスノードが絡むグランドトライン。確実な一歩を踏み出すとき

今回の満月は、120度トラインの角度で牡牛座の火星、そして山羊座のサウスノード(ドラゴンテイル)と関わり合い、大きな調和の三角形、グランドトラインを形成しています。

牡牛座も山羊座も「現実的な基盤」をつかさどる地の星座同士。

そして火星はアグレッシブな活動のエネルギーを、サウスノード(ドラゴンテイル)は私たちが過去世から受け継いだ能力を示しています。

あなたには生まれつき得意なもの、努力しなくてもできてしまうことがあるでしょう。

それらはあなたが今生で理想的な未来を切り開くために前世から受け継いだ武器であり、ドラゴンテイルがつかさどっているものです。

この天秤座満月で、まずあなた自身の才能についてじっくり振り返ってみましょう。

そして、その才能をさらにこの現実で有効活用していくためにはどうすればいいか?あらためて考えてみるといいですね!

あなたの才能がこの満月の日にさらなる光を宿し、磨かれます。夢や願いを叶えていくための最高の武器になるはずですよ!

 

2.キロンに強調される月。痛みを原動力に変えて。

今回の天秤座満月が起きる瞬間。月の真向かいの太陽の隣に、ピタリと1度差で小惑星キロン(カイロン)が重なっています

キロンは「傷ついたヒーラー」と呼ばれる星。

トラウマ。コンプレックス。弱み。

そういった、あなたが生まれつき持っている“痛み”を示しているのがキロンなのです。

あなたのコンプレックスが容赦なく浮き彫りにされるこの満月。

でも不安や心配に思うことはありませんよ。

これまでの人生において、あなたはその痛みに対処する自分なりの術を身に着けているはず。

だからこそ、痛みや苦しさを感じるポイントは、あなたにとっての得意分野でもあり原動力にもなる部分なのです。

キロンのシンボルが鍵のマークをしているのはそのためです。

あなたが現状を打破し、望ましい未来を実現させていくための鍵は、キロンが示すあなたのなかの弱み、痛みが握っているのです。

この満月で、自分がずっとコンプレックスに感じていること、自分のなかに隠している痛みについて振り返ってみましょう。

それは実は、あなたにとっての最高の宝物でもあるのですから。

 

3.天王星とのインコンジャンクト。距離感が鍵となる。

今回の満月は、自由と変革の星である天王星と150度インコンジャンクト(クインカンクス)で関わっています。

インコンジャンクトはまったく異なる立場から冷静にツッコミを入れてくれる関係性です。

天王星の位置する牡牛座は何事もじっくり見て触ってニオイをかいで確かめたくなる星座。

一方、月が位置する天秤座は、何事もバランス感覚が大切。ひとつの対象に必要以上に近寄りたくないという気もちが表れてます。

何かするとき、誰かと会うとき、いついかなる場合でも、この満月においてはとにかく「適切な距離感」を意識しましょう。

近寄りすぎると視野が狭くなり、逆に遠ざかりすぎても得るものが何もなくなってしまいますからね。

▲目次へ戻る

3月の天秤座満月のサビアンシンボルは

1.月のサビアンシンボルは「突きとおす針により完璧にされた蝶」

天秤座第1グループ:個性を確立することで自動的に開かれる未来に自分を委ねる

天秤座の前の牡羊座〜乙女座まで、自分自身の内側を育んで来ました。乙女座でその「個」は完成され、その後、天秤座に入り、周りの人と関わっていきます。

天秤座の最初の度数であるこの天秤座1度では、確立された「個」を人々と関わる場へ見せていくことになります。

天秤座1度「突きとおす針により完璧にされた蝶」とは、美しい標本にされた蝶のこと。針でさされた美しい蝶は自分の姿を人々にじっくりと鑑賞させます。

自分がどのような色でどのような模様の羽を持っているのかを蝶自身は知りません。人に見てもらうことで、それが明らかになるのです。

その姿は、例え同じ種類の蝶であったとしても、羽の大きさが違っていたり、その蝶なりの個性があります。標本にするとその違いははっきりとわかります。

私たち人間にも、それぞれに美しい完璧な個性が備わっています。それを人に見せることをこのサビアンシンボルは表しています。

 

2.サビアンシンボルからのメッセージ

乙女座で「個」を完成させた後、社会と交わっていくのが天秤座です。

乙女座で、自分という「個」が完璧だと思っていても、人から見た時にどうなのかは、乙女座の段階ではわかっていません。

社会の中で人々と関わって行くことにより、自分という人間がどういう風に見えているのか?を知るきっかけを得て行きます。

自分で思っている自分と周りの人が考える自分は、必ずしも同じではありません。

周りの人から見た自分は、社会的ポテンシャルを秘めています。それをよく理解することが自分の社会的な可能性を導き出すヒントを与えてくれるのです。

このサビアンシンボルには、人から見た自分の個性を理解してみることで、自分の個性を社会の中で確立することができるというメッセージが込められています。

 

3.おすすめアクション。キーワードは「明瞭化」

この天秤座満月の日のキーワードは「明瞭化」です。

ちょうど占星術的新年の幕開けである春分の日でもありますから、これまで(これまでの人生でも、これまでの一年間でも)を振り返り、自分というものを考えてみてはどうでしょうか。

サビアンシンボルからのメッセージにもある通り、人から見た自分を意識してみるといいでしょう。

信頼出来る仲間たちとお互いの個性とはどういうものかを話し合うような場を設けて、けなし合うのではなく、お互いの可能性を引き出すような会話をしてみてください。

人からどう見られているかを聞いて、自分の想像とのギャップに落ち込むようならば1人静かに振り返りを行い、自分自身を掘り下げる時間をとり、人から言われた褒め言葉を思い出して書いてみましょう。

「〜するのに向いているね」「〜が上手だね」「〜が素敵だね」など、言われたことがあるはずです。その時は「いえいえそんなことはありませんよ」なんて謙遜をしていたかもしれませんが、人から言われた言葉は自分を発見するきっかけになりますよ。

客観的視点は、自分の視野を広げてくれます。客観的視点をどんどん取り入れて、どんな人生が自分にとって理想的なのか?、自分はどんな風になりたいのか?を考えてみましょう。

自分を掘り下げて行くと、過去の辛い出来事を思い出すこともあるかもしれません。しかし、この天秤座満月でその過去をさっぱりと捨てることができるはずです。

この天秤座満月は、新しく生まれ変わる転換期でもあるのです!

さっぱりと捨てることなんてできるかしら…という方は、下の記事を参考に手放しの儀式をしてみてくださいね。

このスペシャルな天秤座満月にしっかりと自分を見つめ理解することは、自分磨きにも繋がりますよ!!

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

まとめ

宇宙元旦である春分の日と重なる今回の満月。ここで紹介した効果的な過ごし方やサビアンシンボルのヒントをうまく活用し、最高の占星術的新年を迎えていきましょうね☆

そして。来月はいよいよ牡羊座の新月が待ってますよ〜。

来月の牡羊座新月&今年2度めの天秤座満月の個別の過ごし方や新月の願いごとの例文をお届けする鑑定「わたしだけのムーンガイド」、締切は今回ご紹介した3月21日の天秤座満月の日です☆

新月 願いごと

詳細はコチラの記事をご参考に。

牡羊座新月に最高のスタートを切るためにも、ぜひ活用してみてくださいね☆

▲目次へ戻る

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。












関連記事



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Life with the Moon , 2019 All Rights Reserved.