月によりそい、月と暮らす−月の満ち欠け&占星術で現実に変化を−

【2018年8月11日獅子座新月サビアンシンボル】自由な空間で自己表現をすることでもたらされる変化

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。

本日、2018年8月11日18時58分に獅子座で新月を迎えます。
この新月は、日本では観測できませんが部分日食です。

普段の新月が1ヵ月のスタートとしたら、日食はこれから半年を視野に入れて考える時です。
半年後、この新月の時期を振り返ってみることも忘れないでくださいね。

それでは、サビアンシンボルからこの新月のメッセージを読んでみましょう。

2018年8月11日獅子座新月のサビアンシンボル

この新月のサビアンシンボルは、獅子座19度「ハウスボートパーティ」です。

獅子座は自己表現のサインです。自分自身が輝くことのできる舞台を探し、人生を楽しみます。
この度数では、自分の理想とする人生を実現するには、地上に固定されることのない川の上に浮かぶ家のように、自由でなければならないということに気づきます。

自分自身によりよい変化を生み出し、そして変化し続けて行くには、縛られていてはいけないのです。

その縛られていない空間である「ハウスボート」の上で行う「パーティ」は、地上にある場所でのパーティとは違ったものとなるでしょう。

パーティに友人を招待をするように、自分が楽しいと思うことに友人や知人を誘って巻き込んで行きます。
このサビアンシンボルからは、常に非日常を取り入れて楽しむというイメージが湧きます。

 

スポンサーリンク

この新月をどう過ごす?

この獅子座の新月は、海王星、冥王星、新月が「神の手」と呼ばれるアスペクトを形成しています。

これは、良いか悪いかは置いておいて「変化」が起きる時であることを表しています。
もしかしたら、思うような変化ではないかもしれませんが、その変化を無理に遠ざけようとしない方が、結果として良い変化となるでしょう。

葛藤が生じるような課題が表面化するかもしれませんが、葛藤を感じる異質なものから逃げようとせず、あえて身を置くことでそれぞれの良いところを活かすことができます。

この新月は、身のまわりに起こっていることを良く観察するようにして、自分自身の内観も怠らないようにすることが大切なようですよ。

決して動じたりせずに、リラックスして楽しいことをするように心がけて過ごすようにしてくださいね。

 

あなただけの月との暮らしをサポート!「わたしだけのムーンガイド」

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!
毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」申込受付中!

この記事を書いている人 - WRITER -
Life with the Moon
月をテーマに西洋占星術を取り入れた暮らしのヒントやナチュラルに暮らすための知識をお届けしています。インドの小さな村への教育支援プロジェクト企画・運営のボランティア活動で出会ったふたりで運営。












関連記事



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Life with the Moon , 2018 All Rights Reserved.