新月の願いごとを現実的に叶えて行くためのメソッド。願いっぱなしスパイラルにハマらないために。

新月




ついに明日4/16には牡羊座の新月を迎えます。

前回は、月の満ち欠けを利用し、ただ書くだけでなくきちんと達成していくための願いごと術についてお伝えしました。

月の満ち欠けを利用して夢に近づく!書きっぱなしにしない願いごと術【新月の願いごと】

2018.04.14

100個(できれば)のウィッシュリスト(願いごとリスト)をつくり、それを具体的なイメージを持ちながら眺めたりカテゴライズしていくことで願いごとを現実化していく方法でしたね。

今回はよりわかりやすく具体的に月のサイクルを利用して願いごとを叶えて行く為の新月メソッドをご紹介したいと思います。

月のサイクルを利用して夢を叶える新月メソッド

月のサイクルを活用し、着実に夢を叶えていくための新月メソッド。まずは以下にざっと流れを書いてみます。

  1. その時の新月に適した願いごとをウィッシュリストの中から10個ピックアップ
  2. その願いごとに必要な実行することを細分化して、やることリストを別で作成
  3. やることリストを実行していく(次の満月まで、または期限に設定した満月までに)
  4. 実行したことを自分なりに評価し、次の新月までに、プランを再度検討または新規のプランを立てる。

このような流れで細分化したステップをこなしていきましょう。

例)

例えば、「家庭」をテーマに持つ蟹座新月の日に、「今年中に結婚する」といった願いごとをリストの中からピックアップしたとしましょう。

そして今の自分の現状を振り返ってみて、「今、自分が結婚に向けてやるべきこと」をリスト化するのです。

まだ候補となる相手もいないという人は、「婚活相談に行く」「友人に相談して知らない異性を紹介してもらう」「気になる相手に連絡する」といった具体的なアクションを書きだします。これが「やることリスト」です。

そしてその後に訪れる満月までの間に「やることリスト」に書いたことを実行していきましょう。

新月から次の満月にかけては約半月しか時間がありませんから、設定する満月は直近の満月でなくても構いません。

ただし、「再来月の○月○日の満月までに」といった具合に、どの満月が自分が作成した「やることリスト」の期限なのかはハッキリ書いて明確に設定しておきましょう。

その後、期限に設定した満月を過ぎた後は「見直しのタイミング」です。

自分が「やることリスト」に書いたことを実際に行ってみてどうだったか。

そこを次の新月までに自分なりに評価し次のプランに活かしていくのです。

振り返ってみて「婚活相談に行ってみたけど自分には合わなかった」と感じたなら、「自分に合うような会社をより詳しく調べてみる」のか、もしくは「もう婚活相談所は利用しない」と選択肢を手放すのか、いろいろと次のステップが見えてきますよね。

このメソッドを実行するにあたってのポイントは、ふたつあります。

1.まず、とにかくやること!

2.そして、ちゃんと進捗状況の管理をすることです。

大事なことは、PlanよりもまずはDoを重視することです。
理由は、Doをやってみることで、より的確なPlanが得られるからです。

そして進捗状況の管理ですが、これがうっかり忘れがちなポイント。そこで細分化したやることリストをちゃんと実行し見直していくために未来の自分へメールをしてみましょう。

新月のデクラレーションで書いた願いごとを元に、自分宛てにメールを予約送信で送るのです。

書いたことを忘れないために。自分自身へのリマインダーメール

自分に送る未来のメールは、こういったフリーのサービスを使うと便利ですよ。

ワンタイムマシンメール

未来の自分へ、願いごとを書いたときの気持ちや、ウィッシュリストに対しての問いかけなどを入れるとGood!

友達にメールするような感じで、書いてみてください。時期の設定は、短いスパンのものであれば、上弦の月や下弦の月の時に。

長いスパンのものは、各月の新月の前の下弦の月の時に届くようにすると、新月ごとの願いごとに活かせますね。

期限の満月が来るまでの下弦の月の日にこんなメールを送る設定をしてみましょう。

メールの例)

親愛なる私へ。

先日の新月にこんな願いごとをピックアップしました。

「資格取得」
「売り上げ目標達成」

そしてこれらの願いごとを達成するためにこんな「やることリスト」をつくりました。

「1日1ページテキストを終わらせる」
「朝10分早く出社して気持ちを落ち着けてから仕事を開始する」

その後はいかがですか?実際に行動を起こしてみて今はどんな手ごたえを感じてる?

まだ行動を起こす事が出来ていない場合、途中であきらめてしまった場合は明日からもう一度再開してみよう!

Googleカレンダーなどを使っている人は、リマインダー通知を設定してもいいですね。

アナログ手帳派の人は、未来のページに、問いかけを書いたフセンを貼っておきましょう。

それぞれの新月や満月に適した願いごとなどは、その前にこれまで通り「月と自然に寄りそうコラム」で順次お知らせしていきますのでそちらを参考にしてくださいね。

そして、ウィッシュリストに使えるA4サイズのリストを作りました。

こちらからダウンロードできます。

ぜひプリントして使ってみてくださいね!

こちらの記事もおすすめです