月の満ち欠けにあわせたスケジュール術【プライベート編】




先日、月の満ち欠けにあわせたスケジュール術【お仕事編】と美容術【スキンケア&ダイエット】をご紹介しました。

月の満ち欠けに合わせた美容術【スキンケア&ダイエット】

2018.09.30

月の満ち欠けにあわせたスケジュール術をご紹介!【お仕事編】

2018.09.16

今回は、プライベート編のご紹介です。仕事では、何かしらのゴールがありますのでスケジュールが組み立て安いですが、プライベートはただなんとなく過ごしてしまいがち。

「〜しなくちゃ!」ということが頭の片隅にずっとあって、いつもやることに追われているような感覚に陥ってしまうこともあります。それではストレスが溜まりますよね。

月の満ち欠けはプライベートでも活かすことができます。きっちりやることができなくても大丈夫です。

頭の片隅で月の満ち欠けを意識しておけば、自然とリズムに沿った暮らしができるようになりますよ。

 

月のフェーズ別プライベートスケジューリング

こちらで月のフェーズに行うことをご紹介していますが、基本的な考え方は同じです。プライベートに置き換えて、おさらいをしてみましょう。

新月〜上弦の月(満ちていく時)

この時期は、新しいことをスタートするのに向いています。

習い事をスタートしたり、何かを作り始めたりするといいですね。パンに使う天然酵母を仕込んだり、味噌を仕込んだり…発酵を伴う保存食などを作るのには特にぴったりですよ。以前、ご紹介した酵素シロップを仕込むのも月の満ち欠けを利用して作ると発酵がうまくいきます。

欲しい物があったら、その下調べをスタートしましょう。月が満ちていく時期は、ネットで情報を集めたり、カタログをもらったりして、どのような商品があるのかを調べるのに適しています。情報も集まりやすい時期です。

旅の計画や勉強の計画もこの時期にスタート。お友だちと遊ぶ日を決めるために、連絡を取り合うのもいいですよ。

上弦の月〜満月(満月に向けてさらに満ちていく時)

この時期は、満月へ向けて月が勢いよく満ちていく時ですので、増やしたいことに注力していくといい時期です。

情報がある程度集まったら、その情報をもとに次のステップへ進みましょう。

旅の計画だったら、ガイドブックを買って、旅行代理店へ行って話を聞いてみる。
勉強の情報が集まったら、自分に適した勉強方法を考えてテキストを探したり、教室を探したりする。
欲しい商品の情報が集まったら、実店舗へ行って実物を前に、お店で話を聞いてみる。

上弦の月から満月の前までは、冷静な判断ができる時です。店員さんのおすすめに惑わされたりせずに自分のタイミングで決断ができますよ。ただし、満月の日当日は、気分が高揚しがちになるので、衝動買いには注意してください。

お友だちや人と会う日も新月〜満月にすると盛り上がりそうですね。

満月〜下弦の月(欠けていく時)

月が欠けていくフェーズは、手放しの時期です。この時期は新しいことをスタートするよりも、これまでやってきたことをメンテナンスするのに向いています。

勉強ならば復習を、人と会う予定をたくさん入れるよりも、家を片付けたりして整えることに重きを置きましょう。要らない物を人へ譲ったり、処分するのに良い時期です。

気分の高まる満月の後ですので、ショッピングにも適しています。満月前までの段階で、購入に至らなかったものはこの時期に買うと良い買い物ができますよ。

下弦の月〜新月(新月に向けてさらに欠けていく時)

この時期は、次の新月までの準備段階です。家で過ごす時間を多めにして自分自身の浄化もするつもりでゆったりと過ごしましょう。

掃除をするのは、満月後〜新月までの間にするのがおすすめです。普段は軽く掃除をしておき、満月後から拭き掃除をしたり、換気扇の掃除などヘビーな汚れを掃除すると汚れが落ちやすく感じるかもしれません。

冷蔵庫や保存食、トイレットペーパーなどの日用品や常備薬のチェックもこの時期に。期限切れのものを捨て、切らしている物のリストを作っておきましょう。

家計簿の集計をしたり、通帳の記帳をしてお金の出入りを把握するのもいいですね。

 

プライベートにおけるタスクリストの作り方

お仕事編でご紹介した月間スケジュール帳に月の満ち欠けを記入しておき、予定を入れていく方法でプライベートの予定も書き込んでください。

しかし、プライベートは日付の決まっていないタスクがたくさんあります。やろうと思っていながらも実行に移せずに後回しにしてしまう…。そんな経験はありませんか?

プライベートのタスクは、月のフェーズごとに一覧を作ることをおすすめします。先に紹介した月のフェーズ別に、プライベートで抱えているタスクを一覧にしておきましょう。

4つのフェーズにわけられない場合は、まずは新月〜満月と満月〜新月の2つの大きなフェーズにわけて一覧を作ってみましょう。約2週間のうちにやれば大丈夫というのが目に見える形で一覧にできるので、心の余裕が生まれますよ。

こちらで紹介したスキンケアの計画などもリストに落とし込めば、忘れずにケアすることができますね。

 

心の動きや体調を観察してみましょう

月の満ち欠けは心のリズムにも関係しています。同じことなのにイライラしたり、やる気が起きなかったり…。私たちの心も常に変化しています。

自然のリズムに沿った暮らしをすると、心も身体も楽になります。しかし、それに沿っていないからダメだということは全くありません。現代の暮らしは多様ですから、正解はひとつではありません。

自分のリズムと自然のリズムがどういう風にリンクしているのかを知るために、心の動きと体調を記錄してみてください。毎日でなくても大丈夫。できる日だけ箇条書きで書き留めてみると自分のリズムが見えてきますよ。

 

スポンサーリンク

月の満ち欠けを日々の暮らしに活かすヒントを配信中

月の満ち欠けを日々の暮らしに取り入れるヒントをSNSで配信中です。

Twitterでは、月の満ち欠けと旧暦、六曜と二十四節気、七十二候の暦情報を毎日更新。
Facebookページでは、月がサインを移動した時の空を月を中心に読んでアドバイスを。
LINE@では、月がいるサインの特性を活かした暮らしのヒントを配信しています。

月の満ち欠けを意識するためのリマインダーとして、ぜひご登録くださいね。

 

こちらの記事もおすすめです