インド伝統のハーブ、ヘナで自然の力を受け取ろう【ナチュラルセルフケア】




インドで使われているハーブ、ヘナのことはご存知ですか?
日本の美容室でもナチュラルなヘアカラーとして使われているため、ご存知の方も多いかもしれませんね。

今日は、ナチュラルライフに役立つヘナの話をお届けします!

ヘナにはなんとデトックス効果もあるんですよ!
デトックスに最適の時期、欠けていく月の時期に特にオススメですね。

インド伝統のハーブ「ヘナ」

ヘナはインドの北西にある砂漠地帯、ラジャスタン州からグジャラート州で多く栽培されているインド伝統のハーブです。

インドの女神ラクシュミーが好むハーブとして信じられていて、女性は結婚式などのお祝いの日にヘナのペーストで手足に模様を施します。

このメヘンディアートは数日で消えるタトゥーとして、ヘナタトゥーと呼ばれています。

ヘナはピュアなものを

日本で販売しているヘナは、ヘアカラーとして売られているものがほとんどで、色をコントロールするために他のハーブを混ぜてあり、さらにはそのハーブをつなぐために化学物質を混ぜてある場合があります。

特に2001年頃までは、日本には草木染め用の染料や雑貨としてしか輸入できていなかったため、質が良くないものもありました。

ヘナを購入する際は「ヘナ100%」と表示のあるものを探すようにしてくださいね。

ヘナの効能

ヘナは、アーユルヴェーダでも古来より使用されていました。

皮膚病の予防や止血、やけどや打撲、皮膚の炎症などの薬として使用したり、薬として服用もされていました。

現在は主に、痛んだ髪を回復させるヘアトリートメントして使われていますが、ヘナの効能は他にもあります。

日焼け止め、炎症をおさえる、解熱、リラックスさせる、殺菌・防腐、肝臓のデトックス、生理不順の改善など、すばらしい効果を持っています。

ヘナは、冷やす性質を持っていますので、アーユルヴェーダでいうところのピッタの鎮静に役立ちます。

インドでは、暑い時期に身体を冷やす目的で、足の裏にヘナのペーストを塗ったりもするんですよ。

ヘアトリートメントのやり方

今回は、手軽に取り入れられるヘアトリートメントのやり方をご紹介します。

溶いたヘナは、ドレッシングボトルに入れて出しながら塗ると塗りやすいですよ。

用意するもの

  • ヘナ(100%のピュアなものがベスト)
  • 濃いめに出した紅茶またはコーヒー(ヘナの植物臭さが軽減されます)
  • ヘナを溶く容器とかき混ぜる割り箸
  • ビニール手袋
  • シャワーキャップまたはラップ
  • 汚れてもいいタオルと服
  1. ヘナはセミロングの人で、1回分60〜70gを使用します。
  2. 200〜250ccの紅茶またはコーヒーを準備します。
  3. ヘナに紅茶またはコーヒーを入れ、ぐるぐるとかき混ぜます。
    ペーストの柔らかさはケチャップ位がベストですが、お好みで塗りやすい堅さに調整してください。
  4. 髪の毛を分けながら、塗布していきます。髪の毛は濡れていても乾いていてもOK
    このとき、ハーブの粉が絡んで塗りづらいこともあるので、ドレッシングボトルなどに入れて塗っていくと塗りやすいですよ。
    先述の通り、ヘナには冷やす性質があるため、冬は身体を冷やしてしまいます。
    その場合は、ヘナを湯煎にかけながら使用したり、身体を冷やさないようにあたたかくして塗ってください。
  5. シャワーキャップをかぶるか、ラップを巻いて、ヘナが垂れないよう、生え際にそってタオルを巻いてください。
  6. 時間をおきます。最低でも40分〜1時間ほど。できれば3時間。そのまま眠れるならば一晩おきます。インドの人は、ヘアサロンでヘナを塗った後、タオルを巻いたまま家に帰りますし、家でヘナを塗った場合、そのまま寝て翌日洗い流します。
    日本の美容室では、熱源を当てることもありますが、常温放置でOKです。
  7. 洗い流す。お湯だけで洗い流すのがベストです。どうしても気になるならばシャンプーをしてもかまいませんが、効果は変わります。
  8. 3週間から4週間に一度続けると効果的です。

ヘナトリートメントで得られる効果

ヘナでトリートメントを続けていると、髪が丈夫になり、化学染料の毛染めでアレルギーが出たりする人も安心して使うことができます。

ただし、ヘナだけでは黒く染まらず、明るいオレンジ色に染まりますので、白髪を染めたい場合は、インディゴというハーブとヘナを半々の割合で混ぜて使用します。

上の草色の粉はインディゴ。下がヘナです。

あるいは、ヘナだけでまず染めて、数日後インディゴで染めると焦げ茶色になりますよ。

インディゴだけで髪を染めることはできませんので必ずヘナとセットで使用してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

生理不順の人は、生理の二日前か、生理の終わり頃に使うと効果的です。

ヘナを頭に塗り待っている間、身体の中を何かが巡っているような感覚になることがあります。
頭のてっぺんから、首、肩、背中がじーんとするのです。
そして洗い流すと、肩こりも頭痛もスッキリします。

忙しくてとにかく疲れている時、色々考えていて眠れない時など、ヘナの力を借りてみると、睡眠も深くなりますよ。おためしあれ!

Naiad(ナイアード) お徳用 ヘナ100% 100g×4 新あたまから元気!―アーユルヴェーダ家庭療法とヘナで安心美髪 (いんど・いんどシリーズ)

こちらの記事もおすすめです