行動を起こすなら上弦の月に!月のサイクルを活かして目標達成する方法。

半月




新月には願いごとを、満月には感謝の祈りを。

月の満ち欠けを願望成就や目標達成に向けて活かしていく方法を今までお伝えしてきました。

しかし夢や願いを叶え、目標を達成する大前提としては、やはり自らその夢や目標に向かって具体的に行動を起こす事が重要ですよね。

もちろん、「宝くじが当たりますように」なんて完全に運まかせの願いごともあるかと思いますが、それでも宝くじを実際に買わない事には始まらないわけですから。

新月に願ったこと、立てた目標、そのゴールに向かって何らかの行動を起こす場合は、半月(上弦の月)の日がおすすめです。

上弦の月の日は新月から始まった物事の流れが、一気に現実化に向けて加速するからです。

今月の上弦の月は2月23日、月は双子座に位置し、魚座の太陽から90度で光が当たっています。

さて、今回の双子座の半月の日にはいったいどんな行動を起こすといいのでしょうか?上弦の月の日の過ごし方についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

今月の上弦の月は双子座に。どんなアクションが有効なの?

双子座は言葉とコミュニケーション、情報伝達を司る星座です。

あなたの目標や夢を叶えるために必要なことを人に伝えたり、また自ら情報収集に乗り出していくアプローチが重要ですね。

将来的に協力してくれそうな人には、早めに自分自身の目標や夢について伝えておいた方がいいでしょう。

また、SNS上でのコミュニケーションも双子座らしいアクションですから、自分の今考えていること、叶えたい目標や夢について、SNSを通して発信していくのもいいかもしれませんね。

2月23日の上弦の月は、夢と現実の垣根を超える魚座の太陽の光が月に当たっています。

何かしらのアクションをとることで思いもよらないサポートが得られたりするかもしれません。

上弦の月に一歩前に踏み出す事で、通常よりも目標達成に向けた後押しの力が働くはずですよ。

こちらの記事もおすすめです