【満月のアクション】欲しいものは満月の日に思い切って買ったほうがいい理由。

靴




今年も残すところあとわずか。月は来年1月2日の蟹座満月に向けて徐々に満ちてきています。

新月が願いを放つ日なら、満月はその願いが満ちて成就する日。しかしながら、新月に願いごとを書くのは熱心にやってるのに、満月に願いを叶えてあげることをおろそかにしている人が多いように思います。

願いが自然と叶うのを待つのもいいですが、満月の日にはぜひ自らの手で能動的に自身の願いを叶えてあげてみてください。

スポンサーリンク

満月の日には欲しかったものを思い切って買ってみよう

満月の日に自分の願いを自分の手で叶えてあげる。もっとも簡単な方法は、「欲しかった物を買う」アクションです。「あれが欲しいな」と、ふと浮かんだ思考も、立派なあなたの「願いごと」に変わりはありません。

そして買いたいけどすぐに買わないものは、おそらく自分にとって気軽に買える値段のものではないということでしょう。

欲しいと思っているけど買おうかどうしようか迷っている。そんなときは満月の日をきっかけに思い切って買ってみるといいですね。

また、今の自分ではなく昔の自分の願いごとを叶えてあげるのも満月のアクションとしては非常に効果的だと思います。

たとえば、高校生のころにずっと欲しかったけど手が出なかったブランドの服を買ってみたり。

もっと遡れば小学生くらいのときにハマっていたものを大人買いするのも良いかと思います。

あなたの可能性を阻んでいるのは、外的な影響ではありません。実はあなた自身の「思い込み」が願いを叶える邪魔をしていることがほとんどです。

まずは、たくさんの「願いがかなった」経験を自らの手でつくってみる。その経験を通して、少しずつ自分のなかで「願いは必ず叶うもの」という意識が生まれ、よりあなたの願いは自然と叶いやすくなってくるはずですよ。

こちらの記事もおすすめです