テレビドラマ「anone」に感じる月っぽさ




こんにちは。確定申告も終わり、ひと安心のYASUYOです!
突然ですが、いつも観ているドラマはありますか?

わたしは、観ているテレビ番組といえばマツコの知らない世界とアメトーークくらいだったのですが、去年おもしろいと話題だった「カルテット」を途中から観て、ドラマをチェックするようになりました。

今クール、観ているのは「カルテット」と同じ坂元裕二脚本の「anone」です。

このドラマ、非常に月っぽいなと思うのです。
オープニングのタイトルバックにも月が出て来ますよね。

月が表すもの

月に関わるキーワードは、潜在意識、無意識、女性、母親、家族、心、感情、欲求、不安定、素顔などが上げられます。

また、太陽は表の顔=顕在意識、月は内面=潜在意識と言われていますね。
占星術において、各惑星は、人生における年代を司っていますが、月の領域は0〜7歳頃までを担っています。

例えば、幼少期に夢中になったものに関わる職業を目指したり、幼少期に体験した辛いことが心の傷として残り、大人になって似たような事が起こるとそれがトリガーとなって辛くなったり…。

これは、月の領域時の体験が、人の無意識に深く関わっているということなのだと思います。
幼少期に過ごした環境は重要ですね。

月は、無意識=素の自分ですから、リラックスできる場であり、女性、母親の象徴でもあります。
ホロスコープでその人の月は、母親との関係性や幼少期の環境、その人がリラックスできること、素の自分などを表しています。

anoneの月っぽさ

オープニングタイトルバックのスタート。この夜空に浮かぶ月から七色の光が出てタイトルがでます。

ハリカの子供時代

ドラマのあらすじについては、公式サイトに書いてあるので省きますが、主人公のハリカ(広瀬すず)は、幼少期に施設に預けられていました。

ここでの辛い体験をハリカは今も抱えて生きています。
ちょっとしたことで、フラッシュバックのように当時の映像が流れますよね。

平然とした顔をしている奥底で、癒せない心の傷が見え隠れしているのがわかります。
それが 回を重ねるごとに、亜乃音(田中裕子)という母親のような存在で溶けて行っていますよね。

母と子の関係

そして、ストーリーの端々に出てくる母と子の関係が、バシバシ来るな〜って思いながら観ています。

亜乃音 と娘のうまくいってない親子関係、 るい子(小林聡美) と息子のこれまたうまくいってない親子関係、生まれてこなかったるい子の娘とるい子の親子関係もありますね。

それから、血は繋がっていなくても、親子のようになっていく 亜乃音とハリカの2人。
亜乃音とハリカ、るい子、 舵(阿部サダヲ)がやがて4 人で暮らすようになり、家族みたいになっていく。

先週の第8回で、 亜乃音のうちに久しぶりにきた娘。そこで 亜乃音が娘のためにコーヒーを入れようと、戸棚の上の方に片付けていた娘のマグカップを取り出して洗ったんですよね。

でも娘はコーヒーも飲まず、言い争って帰ってしまうのですが、そのカップを洗って拭いているところが、なんていうかすごく母親だな(変な言い回しですが)と思って、妙にじーんと来てしまいました。

居場所=リラックスできる場所

同じ第8回で、 るい子と 舵が言い合いをしていて、るい子が「中世古くんと仲良くするのはいいけど、こわさないでよ!この…」とまで言ったら、 舵が「『居場所』でしょ。わかってるよ。」って言う場面がありました。

「居場所って言ったぞ…」と、心の中で思ってしまいました(笑)
(ちなみにさっき第9回の予告を見たら『居場所』ってセリフに出て来てましたね)

どんな人にでも、居場所が必要で居場所はみつかる、そんなことを言っているのかな。

公式サイトより

みんなで歯磨きをするこのシーン、好きです。歯磨きしてる時って一番リラックスしてますよね。

感情と欲望

人を脅し、巻き込み、手段を選ばずに偽札作りをやろうとする理市(瑛太)。

彼は自らの欲望を叶えることだけを考えていて、感情を無くしているように見えます。
これもある意味、月というか 「秘められた欲求・衝動」を表すリリスという感じでしょうか。
(ちょっとこじつけすぎですかね。笑)

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ全体を包んでいるゆらゆらと不安定な空気もしかり、画面に映ってはいませんが月が背景にあるような気がしてしまいます。

ドラマのタイトルバックになぜ月を採用したのか、聞いてみたくてたまりません(笑)

これまでの話で色んな伏線があって、そのもどかしさ故にあまり良く言われてないドラマですが、わたしは好きです。

あと2回、どんな結末になるんだろう。
不安定だけど優しく人を照らす、月のような終わりだといいな。

サウンドトラックのジャケットビジュアルも月です。

こちらの記事もおすすめです








ABOUTこの記事をかいた人

YASUYO

デザインと企画の人。一粒万倍デザイナー(希望!)。 情報の行き来していない大昔にも、世界各地に似たような自然信仰があることに興味アリ。スピリチュアルはよくわからないけれど、人々の根底にある「祈り」とは何かを考え中。担げるゲンは担いでみよう主義。