来週の月もよう。4/15~4/21【劇的な流れの変化を体感するかも】

月もよう 占い




来週1週間の月の動きや配置が地球上に住む私たちにどのような影響を与えるのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

4/15~4/21、今週の月は私たちにどんな影響を与える?どう過ごす??

何と言ってもこの週のメインイベントは4/16の10:57に迎える“牡羊座の新月”。

これまで当サイトLife with the moonでもお伝えしてきました通り、これまでの大きな流れをググッと切り替えられる決定的な日です。

この牡羊座新月にあなた自身の「スタート」にふさわしいアクションを起こせるか起こせないかで、今後1年の充実度が大きく変わって来ます。

何もしなければ今までのまま。しかしきちんと適切なアクションを起こす事ができれば、星のサポートにより凄まじい勢いで物事を拡大させていける可能性が高まる。それが今回迎える2018年の牡羊座新月のもたらす影響の特徴なのです。

新月の願いごと。効果をきちんと現実に反映させるために必要なたったひとつのこと【4月16日牡羊座の新月】

2018.04.08

今後1年間で自分が果たしたい目標や願いごとを書きだすだけでも構いません。

ぜひ何らかのアクションは起こして下さい。

前日の4/15に約1カ月続いた水星逆行が終了しますから、勢いが簡単に遮られるようなことはまずないと思っていいでしょう。

4/16日牡羊座新月のアクションで気をつけたいのは「アクションを起こす時間」。

午前10:57に新月を迎えた後、15:00~17:52までは月のボイドタイムに入ってしまいます。

ボイドタイムは月が次の星座に移動するまで他の星とアスペクト(特定の角度)をとらない時間帯のこと。

物事が思い通りに進まない可能性が高い時間帯とも言われています。

ボイドタイムを過ぎた瞬間に月は次の牡牛座に移動しています。

牡羊座新月に何らかのアクションを起こすのであれば、4/16の午前中から15時までの間に行った方がベター。

月が牡羊座にある内の方が物事の進行に勢いがあります。

ただし平日は日中にどうしても時間が取れないという人もいますよね。

その場合は当日の夜でもまだまだ月と太陽は重なっていますので、日付が変わる前までにアクションを起こすようにしてみてください。。

4/16~4/18まで月は牡牛座に。

4/17の夜には牡牛座に滞在する愛の星、金星と重なって来ます。

さらに真向かいの蠍座木星からの影響ももたらされ、美しいもの、自分を心地よくさせてくれるものに触れたくなってくるでしょう。

パートナーや気になる相手とゆっくりとした時間を過ごせるといいですね。

4/18~4/20までは月は双子座に。

牡羊座の水星からのサポートもあり、なかなか感情の変化の多い忙しい時期になりそうです。

4/18から土星の逆行がスタートしますので、現実的に前に進みたいのになかなか進ませてくれないプレッシャーがかかってくる可能性も。

4/20の深夜から4/23まで月は蟹座に。

月にとって蟹座はホームタウンです。蟹座に月がある時期は、ご自身の感情もゆったりリラックスさせてあげたいところ。

ただし、現在山羊座にいる土星、火星、冥王星と強烈な3天体が真向かいから感情を揺り動かすような影響をもたらしてきます。

この時期は特に「感情のケアと安定」に努めるようにしましょう。

こちらの記事もおすすめです











あなただけの月との暮らしをサポート
わたしだけのムーンガイド

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」。現在は、山羊座新月獅子座満月のお申込を受付中です。詳しくはこちらをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA