水瓶座新月の願いごと!不要なものを捨てて自分らしさを取り戻す。

新月 願いごと




2018年2月16日朝6時5分、水瓶座の位置で新月を迎えます。

新月といえば、その時の星座のテーマに沿った願いごと(デクラレーション)をすると夢や目標が叶いやすいと言われていますね。

今回は水瓶座の新月のテーマに合わせた上手な願いごとの書き方をご紹介したいと思います!

水瓶座のテーマはいったい?

水瓶座は「自由な感性」「グローバルな視点」「ユニーク」「反逆精神」などのキーワードで語られる事が多いのですが、その全てを取りまとめる最重要テーマはまさに「個」。オリジナリティです。

他者や環境から離れ、あらゆる肩書きを捨て去ったあとの「私」。

他の誰でもない「私」を追求すること。

これが水瓶座のテーマと言えるでしょう。

水瓶座の新月に合わせた願いごと(デクラレーション)、どんなことを書けばいい?

今回の水瓶座の新月には、何より「自分が自分らしく生きるためには?」といったことを念頭に願いごとを考えてみて下さい。

どのような目標を果たしたらより自分らしい生き方ができるようになるのか?

どのような状態がより自分らしいのか?

そういった点を追求してみるのがいいですね。

例えば、「今の仕事を離れて自分の腕一本で独立していく!」なんて願いごと。

または「海外に留学して○○の資格を取りに行く」といったような「自分の個性」に磨きをかける願いごともいいでしょう。

自分にしかない自分の価値が認められる事、といった観点から願いごとを書いてもいいですね。

ちなみにこの日は水瓶座の支配星である天王星が60度の位置から月をサポートします。

天王星は革命の申し子。割と突飛な願いごとを書いてもスムーズに受け入れてもらえそうですよ。

今回の新月は部分日食が起きますので、「より自分らしく生きるために不要な人間関係を断ち切る」「これをやめる、捨てる」といった願いごと(というか宣言ですね)も効果的でしょう。

天王星も水瓶座も「テクノロジー」をテーマにもっていますから、ネットを通してSNS上で今回の願いごとや目標を大々的に宣言してみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

新月の願いごと(デクラレーション)の注意点おさらい

まず、新月の願いごとは「ボイドタイム」という時間をさけて24時間以内には済ませた方が良いかと思います。(48時間以内とする説もありますが。)

今回の水瓶座新月のボイドタイムは、新月の起きる朝6時5分ちょうどからAM11:41まで。願いごと(デクラレーション)は午後以降に行った方がよさそうですね。

また書き方は「○○になりました」「○○になっているところです」といったような、現在完了形もしくは現在進行形で書くべき、といった説があります。

そういった書き方に抵抗や違和感がある場合は、「○○になることを意図します」といった書き方もいいですね。

新月の願いごとは、願いごとと言うよりは「宣言」といった方が正しいかもしれません。「○○になりますように」といったような消極的で運や環境任せの書き方ではなく、「自分の意志で実行し切り開いていく」といった姿勢は大切ですね。

ちなみに今回の水瓶座の新月、ボイドタイム直後の11時43分には魚座に移行してます

だからといって願いごとの内容を魚座に合わせなくてもいいかとは思いますが、魚座を匂わせるようなちょっと夢とロマンに溢れた壮大なこととか書いてみてもいいかもしれませんね。

こちらの記事もおすすめです











あなただけの月との暮らしをサポート
わたしだけのムーンガイド

新月の願いごとも満月のふりかえりも、実はひとりひとりにあったやり方があります!毎月のアファメーションを確実なものにする「わたしだけのムーンガイド」。現在は、蟹座新月と水瓶座満月のお申込を受付中です。詳しくはこちらをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA